恋愛情報『岸井ゆきの、朝ドラ出演で変化したことは?「まんぷく」で“タカちゃん”役を好演』

2019年4月22日 21:01

岸井ゆきの、朝ドラ出演で変化したことは?「まんぷく」で“タカちゃん”役を好演

目次

・朝ドラ出演で変化したこと
・女優をやめたいと思ったことは「一度もない」
岸井ゆきの、朝ドラ出演で変化したことは?「まんぷく」で“タカちゃん”役を好演

どんなに“都合のいい女”扱いされても、大好きな相手のためなら、いつでもどこでも駆けつける。なぜならそんな瞬間が一番「生きてる」感じがするから――。

角田光代さん原作の恋愛小説を映画化した映画『愛がなんだ』(今泉力哉監督)が4月19日に公開されました。

好きな人のことしか考えられないヒロイン・テルコを熱演したのは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で安藤サクラさん演じる福子の姪・タカ役で人気急上昇中の女優、岸井ゆきの(きしい・ゆきの)さん。

小柄で親しみやすい笑顔が魅力の岸井さんが体現する全力の恋には、自分の友だち(あるいは自分)が暴走している様を見せられているような生々しい痛みと、潔さがあります。

自身も物事に熱中しやすいタイプだという岸井さんに、映画や仕事観について、前後編にわたってお話を聞きました。

【前編】岸井ゆきの「恋愛は無理やりするものじゃない」

岸井さんが主演した映画『愛がなんだ』メインビジュアル

朝ドラ出演で変化したこと

——テルコの親友・葉子を演じる深川麻衣さんは、「まんぷく」ではタカの妹・吉乃を演じてらっしゃいますね。『愛がなんだ』のときからいろいろお話はされてたのですか?

岸井ゆきのさん(以下、岸井)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.