恋愛情報『山ちゃん&蒼井優の結婚から考える、「誰を好きか」より「誰といるときの自分が好きか」の意味』

2019年6月15日 14:01

山ちゃん&蒼井優の結婚から考える、「誰を好きか」より「誰といるときの自分が好きか」の意味

目次

・「誰を好きか」より「誰といるときの自分が好きか」
・心療内科医が断言する「伴侶の資格」
山ちゃん&蒼井優の結婚から考える、「誰を好きか」より「誰といるときの自分が好きか」の意味

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さん(42)と女優の蒼井優さん(33)が6月3日に結婚。6月5日に東京都内で開かれた会見は、終始“幸せオーラ”に包まれ、テレビ(あるいはスマホ)の前で見ているこちら側も「よかったね!」「おめでとう!」と声を投げ掛けずにはいられない気持ちにさせてくれました。

そこで、著書『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎リンケージ)があり、WEBサイト「女子SPA!」で「ぼくたちの離婚」を連載中の稲田豊史(いなだ・とよし)さんに、今回の会見から私たちが学べることについて3回ににわたってコラムを寄稿いただきました。最終回のテーマは「『誰を好きか』より『誰といるときの自分が好きか』の意味」です。

【第1回】「交際を経てからの結婚」を信じてる貴女へ
【第2回】「皆さんの目の前にいる蒼井さんと違う蒼井さんを…」の意味

「誰を好きか」より「誰といるときの自分が好きか」

南海キャンディーズ山里亮太さんと蒼井優さんの結婚に際して、音楽プロデューサー・ヒャダインさんのツイートが話題になった。結婚記者会見の約1カ月前に、ヒャダインさんがこうツイートしていたのだ。

「『誰を好きか』より『誰といるときの自分が好きか』が重要らしいよ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.