恋愛情報『私が海外別居婚を選んだ理由。「夫」なら堂々と会いに行けると思った』

2019年8月1日 20:45

私が海外別居婚を選んだ理由。「夫」なら堂々と会いに行けると思った

目次

・恋人ではなく夫なら、堂々と会いに行けると思った
・別居婚を選んだら、世間のリアクションが変わった
・当たり前のように“専業主婦”になるつもりだった20代
私が海外別居婚を選んだ理由。「夫」なら堂々と会いに行けると思った

働く女性のキャリアを支援する株式会社LiBの副社長、永井裕美子(ながい・ゆみこ)さんは、いわゆる“バリキャリ”の女性です。

大手メーカーに新卒入社し、アメリカ名門私立のコーネル大学に企業派遣留学。修士課程を修了し、帰国後は社内のグローバル人材育成や人事制度の改革を担いました。それから、いくつかの外資系企業で人事本部長や執行役員を歴任し、現職にいたります。

精力的に働き続けてきた永井さん。そのプライベートを支えてきたのは、家事を担ってくれる夫の存在だといいます。

最近でこそ「専業主夫」「大黒柱女子」といった役割分担も見かけるようになってきたけれど、永井さんご夫婦がそのチョイスをしたのは、20年以上も前のこと。

いったいどんな思考や仕組みのブラッシュアップを経て、その心地よい暮らしを続けてこられたのか?全3回にわたって、お話を伺いました。

恋人ではなく夫なら、堂々と会いに行けると思った

——20年以上、“専業主夫”と暮らす永井さん。まずは、お二人のなれそめから聞きたいです。

永井裕美子さん(以下、永井):彼とは、企業派遣留学中にアメリカの大学院で出会いました。彼は個人留学で、経済学の博士課程に通っていたんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.