恋愛情報『不倫でボロボロの友人と…見上げた空に流れ星。それはキッスのタイミング?』

2019年8月5日 21:01

不倫でボロボロの友人と…見上げた空に流れ星。それはキッスのタイミング?

目次

・フラートのままにすることで、恋愛は継続する?
・トキメキという名の「可能性濡れ」
・セロトニンセックスは成立するのか
不倫でボロボロの友人と…見上げた空に流れ星。それはキッスのタイミング?

恋バナ収集ユニット・桃山商事の新刊『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』(イースト・プレス)が6月に発売され、刊行を記念したトークイベントが6月、「ピースオブケイク」(東京都港区)で開催されました。

ゲストに登場したのは『家族無計画』(朝日出版社)などの著書を持つエッセイストの紫原明子さん。既婚、未婚、恋愛中、男、女……それぞれ環境も恋愛観も異なる4人で、赤裸々な「NEO恋バナ」が繰り広げられました。意外にも今回が初対面だという桃山商事と紫原さん。トークの内容を3回にわたってお届けします。

第2回では前回登場した「フラート」(恋愛未満の関係におけるじゃれあい)についてより深く考察。フラートの末に、本物の恋は芽生えるのでしょうか——。

(左から)ワッコさん、清田さん、森田さん、紫原さん

フラートのままにすることで、恋愛は継続する?

清田:僕は「フラート」的なコミュニケーションが一切できないんですよ。仮に女性からフラートを繰り出されたとしても、「なにこれ?今夜ワンチャンあるの?」って頭が真っ白になり、ドキドキを楽しむ余裕なんて絶対にないと思う。

ワッコ:「フラート弱者」である清田さんとわたしは、フラートへのセンサーが死んでいますからね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.