恋愛情報『「夫の実家に行くのがつらい問題」とは? “フェミ友”と語る』

2019年8月14日 21:01

「夫の実家に行くのがつらい問題」とは? “フェミ友”と語る

夫婦別姓が希望だけど事実婚は難しい。じゃあどうする?

清田隆之(以下、清田):結婚というものには、至るところにジェンダーの問題が入り込んでいるように感じます。例えば結婚式や名字をどうするかといった問題にはモロにジェンダーが関わってくるし、家事をどう分担していくか、「主人」や「奥さん」と呼ばれたときはどう反応すればいいのか……など日常のちょっとしたシーンでも男女の性別役割を意識させられることが少なくない。

田房永子(以下、田房):わかる。あるよね。

清田:そういうとき、自分の中に矛盾や葛藤を感じることが多々あって……。というのも、自分はかなりフェミニズムの影響を受けていると思うし、書き手としても女性蔑視や男性優遇社会的なものを問題視する記事を書いているけど、はたしてそれを実生活で実践できているのかというと、自信を持てなくなる場面が正直ある。

小川たまか(以下、小川):あ〜、ちょっとわかるかも。清田さんは例えばどんなときにそれを感じる?

清田:結婚するにあたってまず考えたのが「夫婦別姓」の問題だったのね。個人的には「選択的夫婦別姓」が早く認められるようになればいいと考えているし、結婚したらどちらかが名字を変えなきゃいけないことにも疑問があったから、当初は別姓を提案したい気持ちがあった。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.