恋愛情報『アラフォー時代「2万円」を貢いだ私が気づいた、日常に潜む落とし穴』

2019年9月21日 21:45

アラフォー時代「2万円」を貢いだ私が気づいた、日常に潜む落とし穴

目次

・貢いだお金は2万円
・「付き合おう」の直後に「バス代がない」
・携帯代を渡したとき「この人は変わらない」と思った
アラフォー時代「2万円」を貢いだ私が気づいた、日常に潜む落とし穴

好きな相手に「貢ぐ」という言葉を聞くと、どのようなイメージをもつでしょうか。

恋人の生活費を丸っと負担してしまったり、高価なブランドものを贈ったり、もしくはホストに何千万とお金をかけてしまう、そんなちょっと「非日常」的な行為を想像するかもしれません。

9月21日21時から放送のAbemaTV「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」では、「私“ヒモ男養成”ギプスです」と題して、貢いだ経験のある女性をゲストに呼び、そのエピソードが語られます。そのゲストのひとり、作家の森美樹さんはちょっと特殊な「貢ぎ」の経験の持ち主。

左から、らりるRIEさん、森美樹さん、優月心菜さん(番組より)

実は貢ぐ行為は私たちの日常の地続きのところにあるかもしれない……。そう感じてしまうお話を森さんに伺いました。

貢いだお金は2万円

——まず、貢いだ総額について聞かせてください。

森美樹さん(以下、森):2万円です。もう10年以上前の話なんですけど、私が30代後半で、彼がたしか28歳くらいでした。1年近く付き合っていた彼とある日電話がつながらなくなって理由を聞いたら「携帯代を払ってなくて止められている」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.