恋愛情報『選ぶのは「悪い」こと? 会社も社会も変わるために必要なこと【青野慶久×川崎貴子】』

2019年9月26日 20:00

選ぶのは「悪い」こと? 会社も社会も変わるために必要なこと【青野慶久×川崎貴子】

目次

・社会が変わっていくのを見るのが面白い
・選ぶのは「悪いこと」と思わされている
・秘書はなし、予定は全社員に公開
・家事は得意なほう、好きなほうがやる
選ぶのは「悪い」こと? 会社も社会も変わるために必要なこと【青野慶久×川崎貴子】

婚活サイト「キャリ婚」を主宰する川崎貴子さんが「令和の共働き婚」をテーマにそれぞれの分野で活躍するプロと対談する連載。第1回目のゲストは、夫婦別姓訴訟でも注目された「サイボウズ」社長の青野慶久(あおの・よしひさ)さん(48)です。全3回。

社会が変わっていくのを見るのが面白い

川崎貴子さん(以下、川崎):先の参院選でも選択的夫婦別姓は争点の一つになりました。青野さんの夫婦別姓訴訟を見ていて感じたのですが、行動することで世論も動くし、社会が変わっていくんだなあと実感しました。

青野慶久さん(以下、青野):いろいろな人が注目してくれて、世論も随分動きましたし、今は政治家も動きまくってますからね。そうやって社会が変わっていくのを見るのが楽しいし、面白いですし、自分の生きがいの一つにもなっている気がします。

選ぶのは「悪いこと」と思わされている

川崎:一方で社会や会社にイノベーションを起こしたい、変えたいと思ってもなかなか変わらないと思うことも事実で。イノベーションを阻むものがあるとしたら、それは何だと思いますか?

青野:僕は小さい頃からの「成功体験の積み重ね」だと思います。

例えば、日本では一律に6歳か7歳で小学校に入りますよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.