恋愛情報『私なら彼を変えられるかも…ヒモ男に貢いだ彼女の心理とは?』

2019年9月28日 21:45

私なら彼を変えられるかも…ヒモ男に貢いだ彼女の心理とは?

目次

・お金を渡した瞬間は「愛されている」
・「相手」ではなくて「形」から入る彼
・ダメ男に対して「私は特別」と思ってしまう
私なら彼を変えられるかも…ヒモ男に貢いだ彼女の心理とは?

9月21日に放送されたAbemaTV「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」の「私“ヒモ男養成”ギプスです」回に出演した作家の森美樹さん。10年前に付き合っていた男性に“2万円”を貢いだという、ちょっと特殊な貢ぎ経験の持ち主です。彼との出会いを伺った第1回に続き、今回は貢いでいるときの心理状態について、当時の経験を振り返りながら語っていただきました。

お金を渡した瞬間は「愛されている」

——貢ぐという行為は、一般的に「金銭によって相手の気持ちをキープする」というイメージがあると思います。もちろん、「本心から相手に贈り物がしたかったんだ」という方もいるとは思いますが……。

森美樹(以下、森):そうですね。でもやっぱり、相手の気持ちをつなぐために貢ぐ人の方が多いと思いますよ。それは自信のなさの裏返しだとは思うのですが。安心感もあるでしょう。これだけ払っていたら別れるなんて言わないよね、というような。

——まるで「家賃は払っているから家を追い出されないよね」と言っているような。

森:相手は人間なのだから、そんなことはありえないんですけどね。

——森さんは一年間、相手のわがままをすべて受け入れてお付き合いをしていたわけですよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.