恋愛情報『血がつながっていてもいなくても、多様な家族のかたちがある【浜田敬子×川崎貴子】』

2019年10月21日 20:45

血がつながっていてもいなくても、多様な家族のかたちがある【浜田敬子×川崎貴子】

夫なんてなおさらですよね。自分とは違う他人なのだから。

だからこそ、「私はこれをやりたくない」「俺はこれをやりたい」というのを丁寧に伝え合って、話し合ったり、ケンカしたりしながらいつか「あ・うん」になれるのでしょうね。

浜田:川崎家はケンカをしたときはどうやって仲直りをするんですか?

川崎:怒鳴り合いになりそうだなというときは、カラオケボックスに行ってマイクで怒鳴り合いますね。なぜかと言うと、娘たちには見せたくないから。そこは共通認識をもっているので、「外出ろや!」「カラオケボックス行くわ!」みたいな感じです(笑)。

浜田:うちはだんだん怒りがフェードアウトしてきたタイミングで週末にご飯ですね。平日の夜は基本、私か夫のどちらかしかいないので、話すタイミングがないんです。だから、ケンカしていると一週間まったく話さないときもあるんですが、週末に夫と娘と3人でご飯を食べながら「これおいしいね」みたいなところから会話が始まって仲直りする感じですね。
川崎:ちょっと「寝かせる」んですね。あとは、言い過ぎたときはLINEで謝ったりもします。「ちょっと言い過ぎました」と。でも、間違ったことは言っていないですけどという意味を込めて。

浜田:それは大事!(笑)

(構成:ウートピ編集部:堀池沙知子

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.