恋愛情報『仕事と家事と子育てと…なんか私たち、曲芸師みたいじゃない?【浜田敬子×川崎貴子】』

2019年10月16日 20:50

仕事と家事と子育てと…なんか私たち、曲芸師みたいじゃない?【浜田敬子×川崎貴子】

浜田:それを考えると、今まで男性はよく耐えていましたよね。社会的な制度や慣行、「男は女子供を養うもんだ」という意識で家族を養っていたけれど、「自分がその立場だったら……」と考えるとすごいプレッシャーだと思います。

川崎:私も大黒柱をやっていてつくづく思うのが、3対7でも2対8でもいいから、収入のバランスは夫婦で分散したほうがいい。というのは、大黒柱もプレッシャーでゆらゆら揺れる大玉に乗っているようなものなんですね。

子育てや家事を担うほうもジャグリングしながら大玉に乗っている。いろいろな玉を投げてなんとか均衡を保っているんですが、片方だけがジャグラーだと厳しくて「玉をいっぱい投げているけど、2個こっちに渡しなよ」とか「もういっぱいいっぱいだから2個は外注しちゃおうか」と言い合える夫婦関係がこれからの時代は大事になってくるんだろうなと思います。

川崎貴子さん

浜田:自分たちで全部やろうとすると大変だけれど、「2個はお金で解決してもいいよね」とかね。

川崎:お互い一生懸命ゆらゆらしながら曲芸師をやっているわけで、2人で「回しているね」「頑張っているね」と話し合いながらできるのが一番いいんじゃないかな。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.