メイクも中医学養生のアイテムに入る?!

2016年10月14日

まだ時折日中30℃になるなど、真夏のような暑さがあり、
でも朝晩はかなり肌寒く・・・などの気温の変化は、
ストレスとして自律神経に影響して
体調を崩しがちになったりということもあります。

季節の変わり目は、気温や気圧の変動が激しくなりますよね。
でも自然現象なので、人間にはどうすることもできません。
どうすることもできないなら、サックリ受け止めて、
小さな工夫をしつつ過ごして行けたらいいなと思っています。

対処の一つにメイクがあると私は考えています。
絶対に出掛けないし、家族以外とは会わないという日は完全にノーメイクなのですが、
それ以外の日は、何かしら塗ったり描いたりしてマス(笑)

こちらのアイシャドウは夏に韓国で購入した
TOO COOL FOR SCHOOLというブランドのもの。

ちょうどオレンジ色っぽいものを探していて、滞在中に何軒か
化粧品を扱うお店を梯子していた時に見つけました。

黄色みのある私の肌にはとても合っていて、ほぼ毎日使っています。
(写真を撮ったのは、購入直後ホテルの部屋でのものなので、新品状態デス)





自分の肌に馴染む色って付けていてホッとするし、
その色でお化粧すると、パッと顔が明るく見えます。
肌くすみ対策の基本は、もちろん身体を冷やさない食事や適度な運動などがありますが、
とはいえ年々回復力は下がっていくので、間に合わない時も多々あるのです。

間に合わない時は、鏡を見てため息をついてないで、
ここはいっちょメイク用品に助けてもらいます。
応急処置的ではありますが、あるとないとではかなり違いますから!

明るく見えた顔を鏡で見ると、自然とにっこり♪
《中医学養生》と《メイク》って一見結びつかないように思えるかもしれないけれど、
メイクを自分が心地よく過ごすためのアイテムのひとつとして考えるならば、
気持ちを安定させるという意味で、関連があると思っております・・・。
Text & Photo by 
中医学と広東語の日々

自分の肌色に合うカラーが見つかると嬉しいですよね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
LOGONA(ロゴナ) 【クリーミーファンデーション】>>

関連キレイ★

人気のキーワード

>>キレイ★のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.