【RSP69】赤きUV!花王『ビオレUV アスリズム』

2019年4月14日

昨日一昨日のポカポカ陽気と打って変わって今日は寒い!三寒四温にもほどがあるほど寒暖差が激しいけれど、でも着々と春になっているのです。そして日差しとの戦い(いえ、私は日差しが好きなので戦ってないですけどね、笑)もすぐそこに。

紫外線は春先からぐっと増加、陽も長くなって用もないのにふらふらと出歩くことが多くなり、本腰を入れて紫外線対策をし始める季節。



そんな今年の日焼け止めは、赤きUV『BioreUV Athlizm』が頼りになりそう。
ドラッグストアにズラーッと並ぶ日焼け止め、パッケージは結構夏っぽいビタミンカラーや寒色系が多い気がするけれど、このアスリズムはガッツリと肌を守ってくれそうな、思い切った赤!
見た目からいいっ!

◆ ビオレUVシリーズで最高クラスのSPF50+PA++++
◆ 高温多湿(40℃、湿度75%)でも汗・水に強く擦れに強く落ちにくい
◆ スーパーウォータープルーフ

それなのに、

保湿成分配合で肌の乾燥を防ぐ
スキンプロテクトミルクは"するする"の肌触感
スキンプロテクトエッセンスは"なめらか"な肌触感

そして

せっけんで落ちる

近ごろの日焼け止めがこんなに進化しているなんて知らなかった…。日常だけではなくレジャーやスポーツでもガッツリプロテクト。

大きな声では言えないけれど、日焼け止めが必要な時期は、塗るそばから汗をかく暑さ、塗った途端に汗で無効になるような徒労感がどうしても拭えず、また日焼け止めのあの毛穴が詰ったような、呼吸が出来ないような膜が張った肌感が苦手な私。なので、日焼け止めについては結構懐疑的に使っているのです。

でも、でも、これならイケるかもしれない(笑)。



ということで季節はまだ過酷な環境ではないけれど、サンプルで頂いたスキンプロテクトミルクをちょっと使ってみました。

ミルクなので質感はサラッとした乳液という感じで、1番驚いたのはその肌感覚。

するっする!サラッサラ!

何でしょう、これ(笑)。

これ、オイルベースなのに全くベタつきなく日焼け止めをつけている感じが全然しなくて、ちゃんと肌も呼吸出来ている感じ。こ、これは、洗い落とすの忘れちゃうのでは?と思うほど。そして癒されるほのかなホワイトフローラルの香りもとっても◎。

というか、何もつけない私の"素"の肌よりするっする(笑)。
何となくキメの粗さや小じわも補修してくれるような(主観、笑)。

肌に負担がないというのも頷ける肌触感。ミルクでこれですもん、スキンプロテクトの"なめらか"な肌触感ったら、もうどんだけ"なめらか"なことか。因みにこちらはベスト・オブ・ベストUVを受賞したそう。

しつこいけれど。

私は日焼け止めの肌の呼吸を止めるような膜を張った息苦しい肌触感、でもって頑張って洗い落とさなきゃならないものを肌に塗る感触も嫌いなのです(キッパリ)。

でも、この夏はコレ買って使います(アッサリ)。
紫外線対策宜しくお願いします、お任せします(キッパリ)。

これであの鬱陶しい高温多湿の夏でも、気持ちも足取りも軽く外出、日差しを厄介だと思う気持ちも激減、伸び伸びと外を楽しめそう。高温多湿も日差しも掛かって来ーい!って感じです、ホント。



スポーツやレジャーで絶対焼きたくない人への赤い『BioreUV Athlizm』とは別に、こちらはみずみずしく軽い使い心地が好きな人へへブルーの『BioreUV Aqua Rich』も。

世界初のMicro Defence処方でミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぎ、

(えーっ、日焼け止め塗ったのにぃ~)

なんて残念なこととはお別れ。

ぷるぷるウォーターカプセル配合、またこちらもヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・BG配合で、乾燥を防ぎ、塗り直しても重ねても感動的に軽い。エッセンスとジェルの2種。

素肌の上にまとう、もう1枚の肌『アウタースキン発想』を商品コンセプトに掲げた第一弾商品だけあります。アスリズムの赤とアクアのブルー、用途や好みに合わせて使い分けても。とにかく毎日毎日毎日肌に塗るものですからね、まずは使い心地、塗り心地の良し悪しは凄く大事。

ようこそ高温多湿&日差し、なんて気分で行けそうです。

詳しい性能や秘密はコチラ
Text & Photo by 
いぬのおなら

つけてる感覚が少ないけれどしっかりUVケアしてくれるのが優秀ですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
これ1つでパーフェクトケア!しっとり潤うぷるるんっ肌へ!>>

関連キレイ★

人気のキーワード

>>キレイ★のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.