料理が趣味の息子がバースデーケーキを焼いてくれた

2016年1月4日
今日は私の誕生日。1日早い元旦の昨日、バースデーのディナーを男3人で用意してくれた。

もう数えるのも面倒なほど、その日を繰り返したので、年末年始の忙しさに紛れて都合よく忘れてもらって黙っているのだが、家族は忘れていなかった。子供が小さい時には、作りたいテーマを聞いて、お城やお姫さま、フットボールなどのケーキを作った。見た目が大切だった。

その子供たちが大きくなったら、親にバースデーケーキを焼いてくれた。見た目より味で勝負。メキシコレストランで出されるトレスレチェ(3種のミルク)をスポンジの台から焼いて、甘いミルクを染み込ませて、2日がかりで作っていた。私は、食べ歩きと料理が趣味のライアンが学校に帰る前に楽しんでいるだけで、私のために作っているとは思ってもみなかった。







出来上がったケーキを切り分けた。美味。

この他、本格的グリーンチリとホタテのセビッチェを出してくれた。







材料をケチらない、豪快な男の料理。ホタテのセビッチェ。
Text & Photo by 
TEXASひらめ記

最高のバースデーケーキですね!(*^_^*)

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
かくれんぼ>>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.