菜饅頭

2017年2月1日
黒キャベツも、初めてのお野菜ですが、ザー菜もです。苗をもらったので育ててるけれど、いつどうやって何を食べるかがわからない。ザー菜って、茎を漬けるらしの。でも、枝分かれしていくから、どのタイミングで摘んでいいのかしら。とりあえず葉っぱを摘んでみました。



からし菜の変種なのですって。だから、なんだか辛いです。ごま油で炒めて作れるものがいいなと思って・・・ナッツや筍や干し椎茸なんかを全部刻んで「野菜あん」を作って包んで中華まんにしてみました。



発酵生地の皮は、イーストではなく老麺のなちゃを使ってみました♪



野菜だけの餡で作る野菜まん、さっぱり美味しかったです♪老麺で皮を発酵させると、サワードウで焼くパンが普通のパンよりもっちりするように、

もちもちになるので、長野のお焼きみたいだったけどwお焼きはもっちり、中華まんの皮はふんわりの方が好きかなあ。

確かに30年前くらいに行った中国で、上海がふんわりした中華まんだったのに、南の昆明で売ってた肉まんが、こんな皮でした。なんだこの皮!?って驚いたのを覚えてます。あれは老麺で作った、昔ながらの中華まんだったんだなあ・・・と今初めて知りました。今度はイーストで作ろ。



先日作った猪のラードを点心に使いたくて、「葱餅」も焼いてみました。
北京の屋台で油たっぷりで焼く「葱餅」が美味しいのだけど、ちょっと控えてみましたら、フツーに美味しい葱餅になってしまいましたが。

数年前は小麦粉料理が苦手だったのに、粉に加える水の温度やグルテン量で作りたいものの調節ができるようになってくると、パンに点心に四六時中触っていたくなりますね。特に点心作りは、粘土細工のようでほんとに楽しいです♪
Text & Photo by 
グルグルつばめ食堂

どれもこれも美味しそう~!小麦粉マジックですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ランドセル届きました!!!>>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.