もうすぐ、あともう少し。

2017年7月22日


くららちゃん袋を作りました♪こうして1日分のお洋服セットを看護婦さんに渡してお風呂に入れてもらうようです。

今、妊娠34週目。32週を過ぎたら日に日にお腹が大きくなってきています!!
今まで逆に小さいお腹で良かった、と最近実感しています。
くららちゃんは、既に2キロを越えているそうで、重くなってきました~。
すぐに足が疲れるし、むくみます~。

7ヶ月に入ったらいつでも病院に行く準備をしておくように、と母親学級で言われていたのに、何でもやることが遅く、今やっと準備が整いました。

母親学級コースも、さすが南伊・カラブリアらしくとってもゆる~いコースでした。

レッスンは9回で組まれているのですが、開始も終了も人それぞれ。毎週新しい人が参加できるコースで、先に進まない。。。(笑)

毎回、新しい人が来るごとに陣痛から出産までのお話を繰り返し、7月中旬になった頃には、ヴァカンスシーズンでコース一先ず中断。

再開は9月以降、ということでコースは終了しました。

私は合計5回は参加できたので良しとしますが、他の人なんて3回レッスン受けただけで終了。。何とも、、、笑

それでも実際に出産する病院で受けたコースなので、陣痛が始まり病院に来てからのこと、どういう流れになるかわかったこと、そして助産婦さんや看護婦さんとも顔見知りになれたことはとてもよかったと思います。

外国人の私にとっては、やはり出産に関する単語もあやふやだったので、聞き慣れることが出来たこともよし。

イタリアの市立の病院は、本当に場所によって異なるのですが、私の住む街の病院では産婦人科は立会い出産もほぼ出来ず、面会時間以外の付き添いは女性のみ。産まれた後にお父さんが出生届けをもらったり手続きの関係上、中には入れるけれど、基本面会時間以外はパパでも入れないのです。
個別の部屋が与えられないので、そういう対応しかまだ出来ないそうです。

そして昔は分娩室が独立してあったので、立会い出産も出来たそうですが、現在の分娩室は外科手術室の一部にあるそうで、立会い出産もほぼ出来なくなったようです。

なんとも、、、。日本や世界の現在の流れとは真逆の方向に行っているカストロヴィッラリの病院。。
私はシモーネと何の疑問もなく立会い出産をすると思っていたので、驚きというか何と言うか、、、。

色々自分の理想と現実は違うのですが、私は無事にこの子を産むこと、それに集中して余計なことは考えずに待ちたいと思います。
Text & Photo by 
スロースローカラブリア

母親学級も分娩もお国柄があるんですね~(*´▽`*)♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
桃の剥き方>>

関連ベイビィ&ママライフ


ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.