中学生のリアルな片づけ習慣

2017年7月25日
少し前になりますが次男つながりのママ友達から
うちの子に見せたいからこども部屋の写真送って~と言ってもらっていました^^;

わが家へ収納見学に来てくれたことがあるので片づいた次男の部屋を一度見てくれています。

そんな次男の部屋をわが子にも見せて片づけモチベーションにしたいとのこと。



学期末だったのと出かけてたので大量荷物の夜...

そんな風に言ってもらったのですが
次男がいつもまめに片づけをしてきれいな部屋をキープしているということはありません。。

リビングのこの大量の荷物も声をかけなかったら
朝までこのままということも^^;

ただ、中学生になった時点で
・洗うものは出す
・自分のモノは寝るまでに2階へ運ぶ
というルールを決めたので、
洗濯物や水筒を出してからカバン等は2階へ運んでいます。



疲れていて渋々やるという時もありますが
「2階へ運ぶ」だけなので続けることができています。

部屋に運んだ後にさらに持ち物を片づけることまでは求めていないので翌朝になるとこんな様子に。。



持ち物の準備をした時にカバンから出たものをそのままにしていくのでしょうね。
これは長男も同じです。

最近は勉強も1階ですることが多いので机の上はしばらくこのままだったりします。

ただ、目に余る様子の時は週末や時間のある時に片づけるように声かけしています。



カバンはS字フックに、持ち帰り学用品は机の下にズボラ代表の長男もそうなのですが
「YDK=やればできる子」ということで、
ふだんは最低限のことしかしませんがやる気になったら片づけられます^^

YDKになってもらうには“片づけるべきモノが少なくて片づけるべき場所がある”ということもポイント。
出ているモノを決まった場所に戻すだけなのでやる気にさえなれば簡単なのです。

大人もこどもも“軸のあるモノの持ち方”や“ラクに片づくしくみ作り”で
毎日がぐっと暮らしやすくなります。

長い夏休み。
こども部屋のお片づけにも最適なシーズンですね!
Text & Photo by 
暮らしの Door

「TDK」って言葉おもしろいですね(^^♪私も「YDM」=やればできるママにならなくっちゃ!

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
自分でも欲しかったブドウのコルク>>

関連ベイビィ&ママライフ


ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.