干し大根と干し柿作り 

2017年11月20日
その代わりに丸一日あいた日曜日。お天気だー♪今日は大根と柿を干しましたよっ。
たくあんを漬けるようになってから、夏を過ぎると色々干し溜めするようになりましたw



柿の皮は大事。砂糖をできるだけ減らすのに、柿の皮をいーっぱい干します。茄子の根っこが旨味を出すと聞いたので、株を引っこ抜いた時にきれいに洗って干しておきました。リスの冬ごもりのように冬のたくあん漬けの準備。コツコツ干して溜まっていくと豊かな気持ちになりますね



我が家のテラス大根はほぼ失敗なので、漬物大根をちょうど買いに行くって人にお願いして、送ってもらいました。岡山の人が鳥取の山に買いに行って、兵庫に送ってくれた旅してきた大根。ありがたや。でも、自分で作らないと労力も送料も大変だなあと身に沁みたので、来年は方法を考えよう。



パパが道の駅で買ってきてくれた干し柿用の渋柿♪



朝からせっせと干しましたよ
大根葉の茎がボキボキで束ねて干すことができなかったから、こんな風。
への字に曲がるくらいまで干します♪



渋柿剥くのに1時間かかって、焼酎に付けて紐にぶら下げてぇ(汗)



柿の皮はたくあん用にしっかり干しますよー。



作業が終わった頃にピンポーン♪箱を開けたら、暖かそうな秋の色合い。秋の収穫物って可愛い形が多いですね
今週は友人と2人で稲霊で野生の麹を育てる計画してるんです。椿の灰が欲しい欲しいとあっちでもこっちでも言ってたら、畑の師匠がわざわざ灰を作って送ってくれました(感謝)
Text & Photo by 
グルグルつばめ食堂

時間と手間をかけて、愛情もたっぷり。美味しさ間違いなしですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
4歳女子の心情>>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.