紙袋のストックはスペースを決めて増えない工夫を

2017年12月1日
お洋服を買うともれなくついてくる素敵な紙袋。買うたびに捨てられず思わずストックしてしまうものですよね。

私も以前はすべて保管していて、何年前のものか把握できないくらい保管し続けていました。引越しの際、いつの時代かわからない紙袋が大量に出てきたとき、「なんのためにとっておいたんだろう??」とスペースの無駄遣いを後悔し、それ以来、必要以上にためこまない仕組みづくりをこころがけています。

まず一つ目に、スペースを決めてストックしするようにしました。我が家の場合はこの収納ボックス1つ分。



ここが一杯になりすぎない程度を維持できるようにストックしてます。



ある程度ストックしちゃっててもそこそこ減っていくものではありますが、だからといって家におけるだけためこんでしまってはキリがありませんよね。

であれば、日用品用に確保できるスペースをあらかじめ決めて、スペースにおさまる量だけ、としてしまえば管理も簡単です。

ここがいっぱいになってしまったら、一旦ストップ。それでも保管しておきたい紙袋がでてきたときはなにかしら断捨離します。

そして2つ目に、その紙袋が使用しやすいサイズかどうかを考え、実際に使えそうなもののみを保管するよう心がけています。

紙袋って、自分がよく使う大きさって結構決まっているものですよね。人に何かをあげるとき、ちょっとした荷物を入れるとき。つかいそうな紙袋がどんな形のものか意識していると、傾向が見えてくるものです。

我が家の場合はもだいたい使用する形が2種類だということに気づいたので、その大きさや形のものを中心に保管するようにしています。

そうすることで使用率も高くなりストックしている紙袋の回転もよくなりました。

意識しなくてもたまっていってしまうものだからこそ、ちょっとした仕組み化で増えない工夫をすることが大切ですね。
Text & Photo by 
Beautifully Organize

ついついため込んでしまうのがいけないんですね(>_<)

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
魚眼レンズde公園>>

関連ベイビィ&ママライフ


ピックアップ
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.