ベビーダイアリーを購入

2018年2月20日
さてさて、二人目育児ということで、一人目の時に買っていなくて後悔したものを母に買ってもらって持って来てもらいました。それはベビーダイアリーです☆

育児日記とも言うのかな?これはドイツでは売っていなくて、日本で買った方が絶対に良いものだと思います。

ドイツだと、育児アルバム的なものはもちろんあるのですが、乳児期のミルク量の管理などに重宝する育児日記が売っているのを見た事がありません。

で、前回はネットでダウンロードしたものを印刷したり、自分でノートに線を引いたりして書いていたのですが、これがとっても面倒なので、今回は母に日本で買ってきてもらいました。



やはり市販のベビーダイアリーはデザインもかわいらしいですね。

楽天で人気だったもので、在庫があるものを買っただけなのですが、すっかりお気に入りです。



色々とメモできる欄があるし、絵柄もほんわかとかわいらしいので、書き入れるのも楽しいです。



こういったページがメインで、ねんね、おしっこ、うんち、ミルクなどの食事、一言メモの欄があるので、気になる事を記録できます。

今はほとんど寝ているから睡眠量とか気にしていないし、排せつも頻繁だから記入するほどではない(というか頻繁だから面倒・・・)ので、基本的にはミルク量とそれが母乳が粉ミルクなのかの記入、と育児メモだけを書いています。

やっぱり気になるのはミルク量なので、粉ミルクだと3時間は間隔をあけないといけないけど、母乳だとお腹が空きやすいから3時間待てなくてもOKとか、そこを一番チェックしています。

日記に書いていると、私が寝ていても夫や母がそれを見て判断してミルクをあげたりしてくれるのも便利です。

授乳トラブルで搾乳した母乳をあげているのですが、前回は真面目にしすぎて頻繁な搾乳にメンタルをやられましたが、今回は気楽にしている(夜間は面倒だったら搾乳しないとか、私は乳牛になったと思ってみるとか 笑)ので気分は明るいです。

また、搾乳は面倒ですが、ミルク量が客観的にチェックできて、出ているのか出ていないのか不安に思う事が無いので、そこは精神的にとても良い点です。

ということで、海外在住で育児日記が売っていない場合は、日本の物を調達するのがおススメです。
Text & Photo by 
ドイツより、素敵なものに囲まれて②

痒い所に手が届くというか。今までのママたちの経験の積み重ねが詰まっているんでしょうね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
リネンの花柄>>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.