子どもを巻き込むご飯の準備にも「ありがとう」を。

2018年3月13日
前々から書いているように、我が家の子どもたちはよく食べます。

毎日毎日、ご飯の準備が大変なので、ご飯の準備は子どもたちに手伝ってもらいます。

ご飯よそったり、お皿を運んだり。

自分たちでできるように、我が家の食器棚の下から2段目の引き出しは、子どもたち専用のお手伝いコーナーです。



この引き出しの隣に炊飯器があり、そのままご飯をよそえます。

そのコーナーに、「ありがとうござい」と書いて貼ってあります。

親子でも、挨拶は大切。

おはよう。おやすみ。ただいま。行ってきます。ありがとう。ごめんなさい。

上げればキリがない毎日交わす挨拶の言葉。

ついつい、親子だから、家族だからとないがしろにしがちな言葉だからこそ、大切にしなければと思う毎日です。

あまり天気の良くない日が続く、関西地方。春はお預けで、おうち時間が続いています。

最近、またまたパズルに凝りだした子どもたち。



3歳と5歳で日本地図のパズル。

こーいうの、子どもたちは本当に早いですよね!
Text & Photo by 
おやこ暮らし。

ちょっとした一言で作業がずっと気持ちよくなるんですね…あいさつ、改めてだいじにしようと思いました(*^^*

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
プリザのアレンジメント♪ >>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.