立体図形の問題にも、ピタゴラスプレート

2018年3月13日
立体図形の問題

「お母さん、分かんない」と小4の次女が持ってきた問題。立体図形を展開図から頭の中で組立させる問題、苦手とする子が多いなと思います。私もその一人だったんですよねー。



おもちゃを問題を解く補助に使う


そこで、持ってきてもらったのがピープル社のピタゴラスプレート。辺同士が磁石でくっ付くので、こういった立体図形の展開図を解かせる問題の補助にも役に立ちます。


問題に書いてあるラインは、ピタゴラスプレートにマステを貼って目印に。



遊びの変わり方


長女が1歳の頃に買った、このピタゴラスプレート。
冷蔵庫に貼りつけてモザイクタイル遊び(1歳~2歳)↓小さい立体を作る遊び(2歳~4歳)↓立体を組み合わせて建物作り(幼稚園)↓立体図形問題の補助(小学校)

なんだかんだと10年以上ずーっと使っているので、超優秀なおもちゃだと思います。「勉強のためにおもちゃを買う」のではなく、「今まで使っていたおもちゃが勉強にも役に立つ」というのが、私としては凄く素敵だなと思うんです。


手を動かすことの大事さ


そして、こういった空間図形の問題は頭で考えるよりも、まずは実際に手を動かして組立てから考えた方が絶対早いはず。手を動かして、目で見て解いた問題は、次に同じような問題が出たときにも必ずそのイメージが役に立つだろうと思います。
これからもっと難しい問題が出てくるだろうけれど「自分で問題を解く方法を切り開く」感覚を、覚えていってくれますように。
Text & Photo by 
For Houseworks (旧:4HOUSEWORKS)

なるほど!実際に手を動かしてみれば図形問題もずっとわかりやすくなりますね♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
お絵かきブーム>>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.