さよなら中学生弁当!お弁当記録#17

2018年8月10日
+++

早いもので、娘はこの春中学を卒業。
私のお弁当作りも3年が経過したというわけでございます。
そのわりには、進歩していないのが気になりますが・・

でもまあ、この3年で私なりに「弁当作りのコツ」のようなものを得たので、
ここにまとめてみたいと思います!!!

1) おかずの組み合わせ基本パターンを作っておく
  副菜はブロッコリーなどの緑のゆで野菜+プチトマト+たまごの組み合わせ。
2) おかずは、なるべく前日作りおきして冷蔵庫に入れておく
  朝はつめるだけです、ものすごく気がラクです。
3) なにもないときのための、「ひと品で完成」する冷凍食品は常備しておく
  冷凍エビピラフ、冷凍マルゲリータピザは欠かしません。

子どもは、お弁当の中身にそんなに期待してないし、
時間内に、友だちと喋ったりしながら、楽しく食べられればいいわけで。

冷凍食品がキライな子もいますが、うちは大丈夫、なので、バンバン使います。
弁当一食ぶんの栄養バランスとか、考えません。
(栄養バランスは、3日くらいの単位で考えればいいかな〜・・と)

毎日のことなので、体調悪い時や、寝坊してしまう日もあります。
最初のうちは、「明日のお弁当」がプレッシャーになったりもしていましたが、
「力の抜き方」の研究を地道に重ねた結果、
冷凍ごはんをチンして握ったおにぎり+バナナ、それもあり、と思えるようになりました。

あともうひとつ。
うちでは、娘が自分でお弁当箱を洗うことにしてます。
作業がひとつ減るだけで、母は楽です。明日は何作ろうかな〜って明るく思えます☆

では、お弁当記録中学生編最終回、
手抜きなのにウケたお弁当、いきます!

鮭茶漬け。水筒の玄米茶をかけて食べます



あんかけ焼きそば〜!
これも水筒に熱々の野菜あんが入っとります(この日は水筒2本持ち)



買ってきたおいなりさん+冷凍チキンナゲットだって、
ゆでたまごをのっけただけで、あらら〜??「母が作った弁当」に〜!!!



ゆで野菜+プチトマト+たまご焼き(前日焼いて冷蔵庫に入れておいたもの)
これさえあれば、ありあわせのハムやウインナー、冷凍のお弁当用鮭切り身も、
「作った弁当」になります!


Text & Photo by 
リリコブログ*

お弁当にお茶漬けやあんかけ焼きそばとは、ちょっといつもと趣が変わっていいですね♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
台風の前に>>

関連ベイビィ&ママライフ

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.