「木馬のリボン」に ワクワクドキドキ@東京

2008年10月24日
上野でのフェルメール展を見終わってから、「木馬のリボン」のショールームへ行きました。
手芸の上手なSさんから教えてもらったお店で、ずっと行きたいと思っていました。
しかしインターネットで調べても木馬のHPはないので、聞いていた「都営浅草線の蔵前」で下車しました。
方向音痴で、地図があってもまちがってしまうような私が、うまくたどり着けるか不安でした。
途中2ヶ所で人に聞いてやっと見つけた時は、内心ほっとしました。
あたりが薄暗くなっていましたが、その中で、お店は浮かび上がって見えました。
店内のリボンは色とりどりで、幅もいろいろ、材質もいろいろ。
そのカラフルな美しさといったら・・。

数メートル離れてもう1軒ありました。
こちらは金、銀、白、ベージュ。豪華な雰囲気です。
特にレースの繊細なこと。うっとりする美しさでした。

この2軒のお店には、合わせてなんと50000種近くのリボンやレースが置いてあるのだそうです。
そして、シャネルやルイ・ヴィトンなどの一流ブランドやデザイナーが使用しているのだそうです。
私も迷いに迷って、いくつか選びました。
なにしろお値段もステキなので、2,3mずつ切り売りしてもらいました。
リースやサシェを作る時に使おうと、リボンやレースやコードを買いました。

店員さんに「お店のHPがあるといいですね」と言ったところ、「作らないのが社長の方針で・・」とのこと。
ふむふむ。HPを見て私のような「一見(いちげん)の客」にどっと来られても困るのでしょうね。
かといって、今回は少しの買物にも親切に応対してくれましたが。

蒲田の「ユザワヤ」へ行った時は、雑然としたお店の中で何が見つかるか、ワクワクしたものでしたが、この「木馬」は、ワクワクにドキドキがプラスされる素敵な空間でした。
Text & Photo by 
ぽこあぽこ的生活

とってもきれいなお店ですね〜!こんなリボン専門店があるなんて、知りませんでした。手芸好きの間では有名なんでしょうね。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ランの館と大須観音骨董市@名古屋>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.