バカンスモード高まるパリで「ボン・フェット!」

2008年12月24日
12月に入ってから、クリスマスへ向けてのバカンスモードが高まるばかりのパリ。


街で売られているクリスマスツリー用の生もみの木も、週末を迎える金曜日くらいには大きなトラックでいっぱいに積み上げられて搬入されています。
マルシェ(市場)も、クリスマス定番ディナーの食材がいっぱい!
いちばんの定番メニューのひとつは…。

フォアグラのパテ & 甘い貴腐ワイン
生牡蠣 & 白ワイン
チキンや七面鳥の丸焼き & 赤ワイン
チーズ & デザート 

だから街にはフォアグラに、丸ごとチキンに、クリスマスディナー用のワインに…。
いつにも増して活気があって食材にあふれている季節です。
歩いて見ているだけでお腹いっぱいに。
みんなの頭の中は、クリスマスバカンス一色。
メトロの中ではバカンスの話。
友だちに会えば「クリスマスバカンスはどうするの?!」の話。
プレゼントがいっぱい入った紙袋を抱えた人に。

そしてどこのお店でも「さよなら」の挨拶の代わりに「Bonne f?te(ボン・フェット)!!」(楽しいパーティーを!)。
11月の終わり、まだ早いんじゃないの?!
来週も私、買い物にくるけれど、まだまだ会うけれど?!
…な~んて思ってしまうけれど。

とりあえずクリスマスを直前にうれしくなってしまっている人たちと、「Bonne f?te(ボン・フェット)!!」と挨拶することは、なんとなく楽しくていい気持ちです♪
Text & Photo by 
パリときどきバブー  from Paris France

「楽しいパーティーを!」なんて挨拶、いいですね〜。みんなが楽しみでうきうきしている感じが伝わってきます。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
公園散歩が楽しくなるカプチーノ@東京>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.