平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

モンマルトルさんぽ。『アメリ』のカフェ@パリ

2009年3月5日
2月23日(月)、二日目。

友人も私も、初めてパリを訪れたときに一通りの観光名所は見て回りました。
この日は二人とも行ったことが無かったモンマルトルへ。

地下鉄を乗り継いでピガール PIGALLE駅で下り、大通りを西へ。
カメラを出すのもヤバそうな、SOHOの裏通りっぽい怪しげなお店がズラリ。
本当にここは芸術家たちが住んだ街ですか・・・?

しばらく西に進むと、元祖フレンチカンカンのキャバレー、ムーランルージュがありました。


ん~、クラシック。。。

その脇の坂道を北に上っていくと、どうしてもこの目見てみたかったカフェ・レ・ドゥ・ムーラン。

映画「アメリ」の撮影で使われたお店です。
私はかわいらしいこの映画が大好きで、サントラのCDまで買いました。

中を覗くと、まだ昼前なのに結構な人。
一番奥にはアメリのポスターも貼ってあります。

本当はここでアメリの大好きなクレームブリュレの上のパリパリを、スプーンで背中でこんこん叩いて割りたかったのだけど・・・
表のメニューを見ると、
「なんか、高くね???」
突然我に返り、雰囲気を味わうだけにとどめました。

細い路地からは風車が見えました。
昔々、ここらへんは農村地帯で、麦を挽くための風車が立ち並んでいたのだそうです。

パリの街は何気なく出会うお店がいちいちカワイイ。


でもなぜか、私たちが足を止めて入ってしまうのはこんな店。。。

NATURALIAはモンマルトル以外でもいくつか見かけたオーガニックショップです。

で、その店の前に、ゴッホの家がありました。

1886年に、ゴッホが弟のテオを訪ねて滞在した場所で、今でも普通に住居になってました。
このプレートを見逃さないようにしないと、まず分からない。

ここから少し東に歩いて、我々が野生の勘で選んだランチのお店はLe Chinon

月曜日は閉まっているお店も結構あり、開いててもちょっとお高めなところが多い中、ここは良心的プライス。
運良く私たちはすぐに座れたものの、その後には数名並ぶこともありました。

手前はブルーチーズとくるみのペンネ、向こうはライスの入ったサラダ。
ペンネが少し柔らかかったけど、ボリューム満点で美味しい!
お姉さんがてきぱきと店内を切り盛りする様子も気持ちよく、超当たりのお店でした。

はぁ、満腹。
でも、おっと、美味しそうなパン屋さん発見!!!
ル・グルニエ・ア・パン le grenier a pain

友人はすぐさま並んでパン・オ・ショコラを買っていました。
少し食べさせてもらったら、さっくさくで、口の中ですぐ消えてっちゃう


後に調べると、パリに5店舗ある有名なパン屋さんだそうで、パティスリー出身のパン屋さんだから、ケーキも美味しいのだとか。

腹ごなしにはキツすぎる、サクレ・クール寺院への道のり・・・・・

お金を払えばケーブルカーでも行けるようですが、ぜーぜー息を切らしながらのぼりました


サクレ・クール寺院は19世紀後半に建てられた、戦没者鎮魂のための寺院だそうです。

モンマルトルはパリで一番高いところ。
ちょっと曇っていましたが、眺めもバッチリです。

また少し歩くと、月曜は休館のモンマルトル博物館。
昔のユトリロの住まいだそうです。

そばのカフェのかわいらしい、おパリな色あい

ラパン・アジル Lapin Agileは「飛び跳ねるうさぎ」という意味のシャンソニエ。
写真右上に、うさぎが跳ねてます。

その昔、ピカソなど貧しい画家の溜まり場になっていたそうです。

モンマルトル満喫後は、地下鉄でセーヴル・バビロン SEAVRES BABYLONEに移動し、サンジェルマン・デ・プレ教会付近をぶらぶら。

教会は外から眺めただけで、お買い物三昧でした。

日本にも自由が丘ほか11店舗あるというCYRILLUSでは、子ども服コーナーのバーゲンの中から気に入ったワンピースを見つけ(16歳用で全然大丈夫)、
本場のエルヴェ・シャプリエ Herve Chapelierでは、アウトレットワゴンでお得なバッグをゲット


私たちが愛して止まないスーパー、モノプリ MONOPRIXにてお惣菜を買い、
この日の収穫を祝ってお部屋でパーティーです。

私は思わずつぶやきました。

「生きてて良かった・・・」
Text & Photo by 
Londonのたからもの

モンマルトル、心くすぐる素敵なものにたくさん出会えますね〜。クリームブリュレがお高かったのは、映画の影響かしら?

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
横浜中華街・極彩色のお寺でおみくじ♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.