カタルーニャ音楽堂とカテドラル@バルセロナ

2009年3月12日
バルセロナを彩るもう一人の建築家ドミニクの最高傑作といわれる音楽堂。
色彩豊かなタイルやガラスを使い「花の建築家」と呼ばれていたそうです。


残念ながら内部は撮影禁止のため、写真は一枚もないのですが、今でも現役でコンサートが開かれるホールは、
天井と壁のステンドグラスが素晴らしく美しい。こんな美しい世界があったのかと思うほど本当に素敵☆
天井の帽子を逆さまにしたような美しいステンドグラスの一枚が、TBSの、世界遺産のHPでご覧いただけます!
専門ガイドの説明付きの内部が見学できるツアーに参加しました。
約1時間のツアーは、定員が50人位の少人数しかできないので、2、3日先までツアー予約が一杯の事もあるようです。
私達は運よく、予約もなく直ぐに見学する事ができたのですが、何とガイドがスペイン語!!
全く何を説明しているか解かりませんが、他の人たちが盛り上がって笑っているのを見て、
私達も訳もわからず手を叩いて笑ってみたり、説明にうなずいてみたりと、とても楽しめました☆≧∀≦☆ニコッ
見学ツアーに参加するまでの待ち時間を過ごせるバルには美味しそうなタパスが沢山♪さすがスペイン!!
ツアーが直ぐに始った私達は食べる時間がなかったので、ツアー終了後に利用したのであります^^
タパスは何処のバルで食べてもとても美味しかったのですが、カウンターに置いてあるのでパンが乾燥しているもの
が多い。でも、ここは回転が良いのか、パンもモチっとして、とても美味しい♪昼からシャンパン・ガバが進みます!!
続いて、ほろ酔い気分で歩いて向かったのは、ゴシック地区のカテドラル。
静寂に包まれたカテドラル内に光が差込み、何かが降りてくるような感じ。
この旅が最後まで安全で楽しく、
そして、又バルセロナに戻って来れますようにとお願いしました。
13世紀から15世紀に建造されたゴシック様式のカテドラル。
地下の礼拝堂にはバルセロナの守護聖母サンタ・エウラリアの棺があり、カタルーニャ人誇りの大聖堂だそうです。
重厚なゴシック様式のアーチで作られた回廊にぐるっと囲まれた中庭がありました。
そこで、何やらアヒルさんと仲良く会話してる可愛いおばあちゃんがとても微笑ましかったです。
Text & Photo by 
Weekend EarlyMorning

バルセロナというとガウディばかりとりあげられてるような気がしてしまいますが、これらの建物もすごく雰囲気よさそうですね。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
新大久保の韓国食材と、吉祥寺のハンモックカフェ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.