モントリオールのノートルダム大聖堂@カナダ

2009年4月18日
モントリオール旧市街の最大の見どころ≪ノートルダム大聖堂≫へ。
いつかここに必ず来たいと思っていた。
そしてここの通りを進むと現れるはず・・・


1892年建設のネオゴシック様式の建物。間近で見るとすごい大きさです。
ここで歌手のセリーヌディオンが結婚式を挙げたんですよね。


この左右の鉄楼には東塔に10個の鐘が納められ、西塔には重さ11トンもの巨鐘が納められてるんだって。人がとっても小さく見える。


大人1人5ドルを払い、内部へ・・・

薄暗い内部なんだけど、ブルーのライトに照らされる祭壇。思わず息を飲んでしまう。
とても美しい。

後ろには世界最大級と言われるパイプオルガン。定期的にコンサートが行われたり、土日には演奏も行われるそう、一度はここでその音色を聞いてみたい!!


そしてたくさんのキャンドルの灯りがゆらゆら揺れています。とても幻想的。


またとても目を引くステンドグラスがあちこちに。
ここから差し込む光がとても柔らかく優しく感じる。






そしてもう1つの・・・
ここも忘れてはいけません。裏にもまた小さい教会があります。


木の温もりを感じ、また光がたくさん差し込み心が落ち着きます。
こういう教会も素敵ですね。

外に出ると、観光馬車の馬さんがお出迎え。


噂に聞いていた通り、ほんとに素晴らしかったです。
やはり写真では伝わらないので、実際見ることをオススメしますけどね!
Text & Photo by 
カナダへの田舎道♪

重厚ですごい大聖堂ですね・・。しかし入場料をとるのはちょっと意外かも。それほどすごいということかな。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
分福茶釜の茂林寺@群馬>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.