雪景色のノイシュバンシュタイン城

2010年1月3日
今日はシュツットガルトで自動車の博物館を二箇所見学予定でした・・・

朝からベンツミュージアムを見学して、昼飯を食べていたときにふと気がついた。
今日も快晴、こんな天気が良い日に博物館なんて見ていていいのだろうか?
冬のヨーロッパで青い空が見える日なんて数えるほどしかない。その上、雪景色なのである。
博物館は逃げない。いつでもそこで待っていてくれるはず!
ということで、急遽予定を変更し、ドイツ南部の町フュッセンに向かう。
お目当てはもちろんノイシュバンシュタイン城。
ここは俺の中では世界で見たい建物ベスト3のひとつ(後はモンサンミッシェルとサグラダファミリア)。
雪景色の中、シュツットガルトから走ること200キロ。
DPP_0960


ついに到着です。
夢にまで見たお城。

見事に雪景色。

さて、お城の近くに車を止め、お城を見るのにもってこいとうわさのマリエン橋を目指す。

橋まではこんな山道を約40分歩くことになる。結構な斜面だし雪で歩きにくいし・・・結構過酷。
DPP_0964

(普段はバスがあるらしいが、雪のためバスは運休。あっても乗らないけど)

でも、今回はこんなこともあろうかと、靴につけるスパイクを持ってきたのでした。
DPP_0963

(靴は雪が入りにくいようにバッシュ)
このスパイクと雪の山道、、、ベルギー来る前に嫁と白川郷の展望台に登ったときとまったく同じパターン。
俺っていつもこんなことしてるんだなぁ。。。眺望を求めてひたすら登る・・・
そしてそのマリエン橋からの眺め・・・

まさにディズニーランドのシンデレラ城。
普段、ヨーロッパの町並みにしろ、このお城にしろ、日本人ってディズニー的なものが見れたときに、”わぁ、ディズニーみたい!”って感動するんだよなぁ・・・こっちの方が本物なのに・・・

よく見るとお城の下の方に網がかかっている。実は今、ノイシュバンシュタイン城は改修中なんです。
DPP_0966

来年まで続くらしいですが、まあ、あの足場はさほど目障りではないレベルなのでぎりぎりOKでしょう。

さて、死ぬほど見たかったポルシェ博物館をパスしてまで、ここに急いだ理由はひとつ。

事前の調査では、このマリエン橋から夕焼けのお城がいい感じになるはずだから。
夕焼けの時間に間に合うように、急いだのでした・・・
が・・・橋に到着するなり、突然灰色の雲が出てくる。
これでは夕焼けは期待できない。急遽予定を変更して、別の角度から夜景バージョンを狙う。
登りは40分以上かかったが、下りは25分。さっさと下山し、車でべスポジを探す。
他人のお庭(?)から。。。
DPP_0967

さらに別角度から

ここ・・・車がないと絶対に来れないなぁ。。。ツアーでは見られない眺めです。
(平然と撮っていますが、結構遠いので望遠レンズ使用です。)
ノイシュバンシュタイン城の近くにもうひとつホーエンシュヴァンガウ城があります(右側のオレンジ色)。
DPP_0970

うーん、城のライトアップの光の強さが違いすぎてうまく撮れなかった・・・小さいし・・・明日撮り直しだな。
はぁ・・・来た甲斐あったなぁ。次は家族一緒に夏に来たいなぁ。

しかし、ふと思ったんだが、ノイシュバンシュタイン城の屋根はきれいなブルーなのである(ガイドブックの写真によると)。雪が積もっていると、屋根も白くなってしまってメリハリがイマイチだなぁ。
明日はお城の中を見学するかどうか迷い中。なにしろ中は写真ダメらしいしなぁ。。。
Text & Photo by 
ベルギー駐在員写真日記

雪景色の中佇む城の姿がとっても幻想的ですね!四季折々に美しい姿を見せるノイシュバンシュタイン城ですが、他の季節とは一味違う雪の景色は見事としか言い表せないほど美しいです。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
當麻寺西南院の庭園>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.