アスワン観光@エジプト

2010年2月18日
予定より3時間ほど遅れ、ナイルエキスプレスは
午前11時10分に終点アスワン駅に到着。
遅れて当たり前のエジプト時間。

この遅れは充分に予想されたことであったらしく、
当然午前11時出発のコンボイには間に合わないので
プライベート・コンボイを頼んであるとのこと。
列車を降りると日差しも強く暑いです。
サングラスはやはり必需品です。


「コンボイ」とは
ハルガダやルクソール以南の上ナイル地域では治安の維持を図るため、観光客は同じ目的地に向かう車が車列をつくり、その前後を観光警察の車に警護されながら移動する形態のことだそうです。
12年前のルクソール事件には関係なく、それ以前よりコンボイはあったそうです。

アスワン~アブシンベル間もコンボイが義務付けられていて、コンボイの出発時間は、アスワン発が午前4時及び午前11時、アブシンベル発が午前10時及び16時となります。
それに間に合わない場合は「プライベート・コンボイ」を申請しその費用を支払う必要があります。

2010年1月現在コンボイが残っているのはアスワン~アブシンベル間だけらしい。(未確認)


アスワン駅

左上:アスワン駅のホーム。
改札口付近の時計は6時半ごろを指し、
ホームの先にあるもうひとつは正確な時を刻んでいます。
こちら側のホームもまた同じとはいったい・・・

左下:アスワン駅構内のレリーフ
(女神と、ネフェルタリ王妃の戴冠式)

右上:アスワン駅構内

右下:アスワン駅前 のどかな景色。ヤシの木に馬がミスマッチ。
馬車の馬もテレテレ歩いていました。

そんな訳で同じ列車で一緒だった同じツアー会社の
成田からの直行便チームのバスと
駅前から隊を組んで出発することになりました。

思いなしか直行便チームはみなさん元気に見える。。。

途中からそれぞれのバスにひとりずつ
プライベート・コンボイの警備の人が乗り込んできます。

まずはアスワン観光(アスワン・ハイダムと未完のオベリスクへ)

アスワン

途中、虹の出ている激しい所を通りました。

アスワン・ハイダム

≪アスワン・ハイダム≫ (ビデオ撮影禁止)
ナイル川氾濫の予防や農業用水確保と
水力発電のため建設されたそうです。

エジプトの産業は
1位 観光
2位 スエズ運河
3位 石油
4位 ジャガイモなどの農業 ガイドさんいわく
世界中のマクドナルドのフライドポテトはエジプト産とか。

傾斜が緩く、ダムと言うイメージからほど遠いですね。
ハイビスカスやブーゲンビリヤも咲いて緑も多い中、
なぜか犬が多いです。

アスワンの砂

ダムの帰り途中、サラサラのアスワンの砂を
ファスナー付のビニール袋に入れてお土産に♪
靴の底の模様がクッキリ。それほど粒子が細かいです。

未完のオベリスク

≪未完のオベリスク≫
長さ41.75?、完成していたらエジプト最大と言われたオベリスク。
ヒビが入ってしまってために放置されてしまったそうです。
石(赤色花崗岩)に切り込みを入れ木製のくさびを打ち込み水をかけると、
くさびは膨張して岩をくだくという方法で切り出していたそうです。

エジプトの旗と観光地に付きもののお土産屋さん。
トイレに行く時間だけでお土産を見る時間はもらえません(泣)
買わなくても見たい!

バス

アスワン・ハイダム近辺に咲いていた
ハイビスカスやブーゲンビリヤ。
外観はそうでもないけれどひどいバス。

車窓から見えるのは延々と続く砂漠。
写真では分からないけれど砂漠の先に蜃気楼が見えました。
大きな水たまりがいくつも見えます。
行けども行けどもその大きな水たまりにたどり着くことはない、
これこそ幻のオアシス?

これからいよいよエジプト最南端、スーダン国境近くのアブシンベルまで
砂漠の中をひたすら3時間約260?を走りぬきます。
(このあたりからプライベート・コンボイの人が乗ってきたのでしょう)

私は海外でもバスに乗る時は必ずシートベルトをするようにしている。
通路側だし、今回はツーリストポリスまで乗り合わせているのだから。
もしもの時のためにもシートベルト締めなきゃね。
シートベルト、シートベルトっと・・・あら?あら?あらーっ!
ベルトをはめるところが無い!壊れている!

このバスは上を見れば空調の吹き出し口が壊れているもの多数。
過激派に襲われて銃でバスを打ち抜かれても構わないように
このようなバスを?な~んてことは無いと思うけれど・・・
添乗員さんが言うことには今からバスを変えるわけにいかないので
吹き出し口は紙でふさいでください、だそうです!
確かにその通りかもしれないけれど、もう少しまともなバスだったら
楽しい旅に終わっていたはず。。。
と、バスのせいにしたりして(汗)
何事もないことを祈るばかりなり。
(先に言っておきますが事故にも襲われることのありませんでしたよ。
今、こうして元気ですから(^-^)

ランチ

ナイルエキスプレスの朝食はおやつのようなパンばかりだったのに、
このバスに乗る時に配られたランチ用の紙袋の中身は・・・
またしてもパン。決しておにぎりを期待しているわけでは無い。
ミネラルウォーター、ボソボソした長パンのサンドイッチ3本、
オレンジ1個、紙パック入りのマンゴージュース、バナナ1本、
オリーブの実5個ぐらい、朝も出た薄くスライスしたパウンドケーキ
(これは、おいちい♪)

砂漠の中なのでトイレ休憩なしと聞いてトイレの近いリリーさんと
私は飲み物厳禁ね!と覚悟していたけれどそんなことはありませんでした。
(ただし手洗いの水は出ませんでした!)

砂漠の中を行くと言うので私はサハラ砂漠のようなものを想像し、
風紋なんかあるのかと思っていたらへっこう平坦な平地が広がって
時々緑や遠くに四角い建物が見える。
まっすぐに続く道路も舗装されていたことに何故ががっかり。
私の勝手な妄想でした。。。
Text & Photo by 
やっぱり旅が好き♪

世界最長の川をせき止めているダムだから、さぞ迫力があるだろうと思ってましたが、そうでもなさそうですね。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
INAXライブミュージアムのタイルの間@常滑>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.