平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

シテ島のシンボル「ノートルダム寺院」

2010年5月2日
コンシェルジュリーのお隣は、いつも行列が出来ているサント・シャペル教会。
あまりの行列の長さに見学するのを諦めた過去もあることだし、今回はなんとしても見てみたい!
…と思っていたら、お昼休みで閉館していました。さすがマイペースな国、おフランス(笑)。

そんなわけで、向かった先はノートルダム大聖堂(Cath?drale Notre-Dame de Paris)
200年もの歳月をかけて完成したゴシック建築の大聖堂。
その迫力ある佇まいと美しい造形は、いつ見ても圧倒されます。



ささ、中に入ってみましょうか…



堂内はひんやりとしていて、凛とした空気が流れています。
ステンドグラスから射し込む光とキャンドルのゆらめく灯りが幻想的で美しい…。



ナポレオン1世(Napol?on Bonaparte 1769-1821年)の戴冠式を行った場所もこの大聖堂。



何度見ても、その美しさに溜息がもれるバラ窓。



ゴシック建築の特徴的な天井。



たくさんの観光客が訪れるノートルダム大聖堂。
厳かな雰囲気を味わいたいのなら、朝一番に訪れるのがおすすめです。

本当は上の塔まで登ってみたいのだけど、体力に自信がないので断念。
何せ塔のてっぺんまでは387段もあるのだ。旅も中盤に入り疲れが溜まってきたところだし、無理はできない。
でも次回こそは登りたいなー。シメールにも会いたいし?



ノートルダム大聖堂の美しい横顔。



私のお気に入りの場所である、ノートルダム大聖堂の裏にある小さな公園。
人が少なくて静かな秘密の場所。そして、ここから見るノートルダムはとても美しい。



美しい薔薇が咲き誇っていて、思わずにっこり。
Text & Photo by 
Paris promenade

どこを見ても素晴らしい装飾で感動します!神聖な雰囲気に、見学している方も心が洗われるようですね。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
山吹色に染まるお社「松尾大社」@京都>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.