平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

アートの島「直島」へ

2010年5月28日


旅の2日目。いざ、アートの島・香川県は直島へ~~~~!!!!

岡山の宇野港から、フェリーで約20分。
草間彌生作のでっかいカボチャがお出迎えしてくれました。

生で見れて超テンションの上がるみぃ。きゃーーー!!


みぃin南瓜。


カボチャの中は、こんな感じ。

さっそく自転車をレンタルして島中まわるぞ!とか思ってたけど、全部貸し出されてしまってて。

なのでバス移動への変更を余儀なくされる。

(いやー、これで大正解よぉ。時間&体力ない人はチャリ危険ね、坂道めっちゃ多いものー。)

まず目指すは「家プロジェクト」のある本村地区へ。

これは、古い家屋を改修して、アーティストが家の空間そのものを作品化する、というコンセプト。

あちこちに点在している6つのプロジェクトを歩いて観て回りました。

まずはジェームズ・タレルの作品「南寺」へ。


設計は安藤忠雄氏が手がけております。

建物の中やベネッセハウスでは、写真撮影禁止だからお伝えできないのが残念。。

この南寺では、光のアートを体感。

真っ暗闇のなかに通されて、静寂の中、前方を凝視すること5分。
方向感覚を失うぐらいの暗黒の世界から、ふと浮かび上がる光。

あたし鳥目だったらどうしよう。とかお腹なったらどうしよう。とかいろいろ邪念が襲うも、
無事鑑賞終了。笑

最後の1分間ぐらいは、まわりをすごい勢いで取り囲むかのように闇が次から次へと襲ってきて、
え、え、どうなんのコレーー!っていう不思議な感覚があった。

その感じ方が正しいのかどうかは別として、なんかすごいね完璧な闇から生み出されるものって。

一番はじめに見たものが、最終的には一番インパクトのある作品だったように思います。

そしてまだ1つしか観てないのに、お腹空いたのでまずはランチへ。



カフェまるや。 本村地区の人気カフェです。ごはんもうまーい。


まるやが満席で少し待っている間に、
隣にあったなおしまグッズやらを制作・販売しているショップにふらり。

お店の方に声をかけられて、アンケートに協力してみたり。

そこで例のみぃのネイルが大評判でさ。

あなたどんだけ直島好きなんですかぁ?ちょっと写真いいですか?!だって。
なんせ「草間彌生ネイル」とまで命名して頂いて。笑

そんなつもりはなかったんだけどなぁ。

町全体にの~んびりした空気が漂っててさ、これぞ島時間だねぇぇ。なんて
のんきなこと言いながら歩き出す。

でも実際そんなにゆっくりしてる暇はないのよ!まだ1ヶ所しか観てないんだから!!笑

あとの5つのプロジェクトは、わりとサクサク順調に観てまわる。


わたしたぶんココが一番好きだった。

杉本博司の「護王神社」。


ガラスの階段がきれい。

この階段は地下から地上につながってて、狭ーい地下路からその階段をみることができる。


中は空気が冷たくて気持ちいい。

声・反響。神・鎮座。


これは大竹伸朗の「はいしゃ」。

中にはどでかい自由の女神とかが居ます。笑



正面から。

そして次に向かうは、ベネッセミュージアム。
安藤氏設計の美術館です。

柳幸典の「The world flag ant farm」が好きだった。なんかすーげーーって感じ。笑

あと、ブルース・ナウマンの「100生きて死ね」

パステルカラーにも見える淡くカラフルなネオン。1つ1つ点滅する100個の言葉たちが・・・・・。

LOVE AND LIVE

そしてKISS AND DIE  が、いい。

愛に生きて、幸せなkissで死ねたら、、あたしらしくないかい?笑

ほんとは地中美術館にも行きたかったけど、閉館時間が迫ってたし断念。

なのでベネッセアートサイトをゆっくりお散歩。





キャプションこそないけど、いたる所に作品点在。

そして、



夕暮れ時の黄色いかぼちゃ。 あはん素敵!



もー大満足っ。
ART三昧な1日でした。

帰りの車の中。

くるりの「三日月」聴きながら、サンルーフから見える三日月をひたすら眺めてた。

そのフレームから見る月は、なんてタイトルを付けたらよかったんだろう。

サンルーフ(いやこの場合ムーンライト・ルーフか・・・?)から見上げるそれは、
うんと淋しく見えました。

また、行きたいな直島。

LOVE AND LIVE , LOVE AND DIE
Text & Photo by 
Torihada Life...."Rim"

あちこち置かれた作品のどれもが素敵なものばかりで、時間をかけて見学したくなりますね!それにしても黄色いかぼちゃの存在感がすごいです。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
イタリア・モデナ 車&バイクの祭典>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.