福岡、 南蔵院の巨大な涅槃像。

2010年7月28日
#1 メラメラ不動」に続く、福岡&壱岐の旅・第二弾は、同じく『南蔵院』の巨大な涅槃像!
参りましょう。
1. こっちは、出口。
なんだか、いいテイストの看板。

2. 大きな大きな足の裏!
千輻輪相(センプクリンソウ)という足裏の文様が、色々で、とっても興味深い。

3. ちょうど収まるコインたち。
足裏マンション。ここは、サカナ文様棟。

4. 足下から、ハロー。

5. ドーンと正面の姿。本当に、大きい。
良さげな所で眠ってらっしゃる。ドドーン。

6. 仏像の向かい側にある。長ぁい観覧席。
アユがひとり、ポツン。雨が降って、ポツツ、ポツツ。

7. 土砂降りになった。ドシャーーーー!!!
雨粒が、地面に激しく弾けて描いた、美しい模様。
ジュエリーみたいな、きらめきっぷり!

8. ホトケ様も、ドシャーーーー。
福耳のむこうに、飛び散る飛沫(シブキ)が、雨の勢いをテキメンに表現している。
ちなみに、頭のイボイボ(縲髪:ラホツ)は、全部で686個。
最大の物は、直径、高さ共に30センチ、重さ30キロもあるんだそう。
超重量級の頭、それを支える首の強靭さを想像するだけで、肩が凝る。笑

9. 紐は、内部に繋がっている。

10. 涅槃像の内部に潜入。
色々ときらびやかで、凄いことになっていた。
その一部が、この写真。

11. 出口の看板。フェルト製なのが、かわいくて、つい撮影。

こうして、巨大な仏さまと遭遇を果たし、体内を経て、再び飛び出した私たち。
豪雨の予報を物ともせずに、明日は、いざ壱岐へ!
果たして、船は出るのか?!
Text & Photo by 
maki+saegusa

タイの仏像を思わせるような、足裏がハデな涅槃仏。こんなのが日本にもあったんですねー。日本もまだまだ未知の世界がいっぱいです!

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
岡山 犬島へ「第七回犬島時間」>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.