平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

世界遺産ジュロモニス修道院@リスボン、ポルトガル

2011年3月9日

べレンの塔から東に進み、世界遺産ジェロニモス修道院へ。
白亜の荘麗な建物が眼前に広がります。
エンリケ航海王子の偉業を称え、ヴァスコ・ダ・ガマのインド航路開拓を記念してマヌエル1世
により建てられました。



聖母マリアに捧げた門には、上部中央にエンリケ航海王子の像、周りには聖ジェロニモス
の生涯を描いた彫刻が施されています。
1番上にはマリア像。
レースの様に繊細なレリーフが美しい。



東棟と西棟は回廊で結ばれ、サンタマリア教会は石造りの重厚な内部にヤシの木をモチーフとした
支柱が天井へと伸びています。





ヴァスコ・ダ・ガマ、詩人カモンイスの石棺がありました。


教会奥の中央礼拝堂には王家一族の墓があり、棺の台座にはインド象が施されていました。


中庭を取り囲む55m四方の回廊。
石灰岩を用いた柱には、ロープ・貝・異国の動物・ヤシの木などのモチーフが刻まれ、
大航海時代の栄華を象徴しています。


建設当時、修道士達の食堂だった場所にはイエローとブルーの美しいアズレージョが残されて
いました。




この旅最後7つ目の世界遺産を見学した後、日本でもお馴染のスウィーツを買いに走り、
昼食後は待望のフリータイムで有名なあの乗り物にも乗りました。

スウィーツを食べ、リスボン散策へ向かいました。
Text & Photo by 
SABIOの隠れ家

大航海時代に、見知らぬ海の向こうを目指した勇気ある人々を称えたモニュメント。当時を今に置き換えると、地球から火星に向かうようなものだったのでしょう(たぶん)。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
泳ぐ芸術品を鑑賞@神戸・アートアクアリウム展>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.