平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

幻のように美しい海 エガディー諸島 ファビニャーナ島

2011年4月6日
今年もそろそろ夏がやってきそうなシチリア。

先週末から急に暖かくなったイタリアですが、シチリアでも半袖の人を見かけることが多くなりました。(主に観光客ですけど。)北欧やドイツなど寒い地方から来た方々は、20度+シチリアの強い日差しでタンクトップ+短パン+サンダル、、、とまだまだ季節にそぐわない格好の外国人が多いのもシチリアの春の風物誌です(笑)

さて、こんな季節がやってくると恋しくなるのが、海。海といえばトラーパニの街の近くにも海水浴場があるし、車で30分くらい走ればサンビート ロ カーポの白い砂浜があるのですが、やっぱり一番美しい、、、、と思うのは島の海。シチリア自体が島ですが、そこから更に船に乗っていく離島には飛びっきり!美しい海が広がります。

そんな中でも私が一番美しい、、、、と思うのが、ファビニャーナ島のCala Rossa(カーラ ロッサ)。



ファビニャーナ島はレンタサイクルをして島をグルグル周るのが一番気持ちよく。カーラ ロッサの手前にはTuto(トゥーフォ)と呼ばれる石の採掘場がありそれを抜けると、青、水色、グリーン、エメラルドグリーン、、、なんと表現したらよいかわからない美しい色をした入り江が見えてきます。それがカーラ ロッサ。近づいても、、、



やっぱり美しく。何色、って言うんでしょうね?表現力の乏しい私はいつも、

「バスクリン色」

と呼んでいます(笑)



海は限りなく透明。冬以外はほとんど波も立たず、いつ行ってもこの色が拝めるのが嬉しいところ。(ただし晴れている日限定ですが)

Cala Rossa = 赤い入り江

紀元前、この入り江でローマ軍とカルタゴ軍が戦い、こんなに美しい入り江が血の海となったそうです。そこから「赤い入り江」という名が付いたと言います。歴史は血生臭く、名前の由来もなんだかおどろおどろしいですが、今は平和な海には毎年たくさんの人が美しい海を求めてやってきます。



しかしこの入り江には、売店ひとつありません。売店が無いどころか、、、



道も無し(笑)

この美しい海に降りるには道も無いゴツゴツした岩場を下っていくしかありません。これが意外と大変で(汗)そして海の近くに降りたところでデッキなんかも無いので、皆、岩の上にバスマットを敷いて日焼けに勤しんでいます。

こういうイタリアのやる気の無さ自然を壊さないところ、私は好きです。ここにデッキをつくり売店を作ったらこの美しい海もすぐに汚れてしまうことでしょう、、、。自然を自然のままで、それでも良かったら海水浴に来てね、というこの姿勢、私は正しい姿勢だと思います。
Text & Photo by 
シチリア時間BLOG 2

透き通るような青が気持ちいい〜!海を見ながらゆっくりするにはぴったりの場所ですね^^

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
巨大な和紙製の恐竜が出現!>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.