オススメなワイン博物館♪

2011年4月30日
みんながなんか写真撮ってたこちら(○´ェ`○)


BOR MUZEUM!!はい。ワイン博物館を目指してたのです!(≧▽≦)



しかし、先ほどの方たちが何の写真を撮ってたかわからないようなこちらの入り口(^-^;)


レストランの入り口でして、こちらの地下がワイン博物館になってるのです~
入場料は無料ですが、レストランの方に声をかけて入りましょう!
ってガイドブックに書いてあったのですが!!
それよりも、私の目的は、ワインの有料試飲なんですよ!

レストランの方に、ワイン博物館はここでいいか確認するとともに試飲の申込しないと!
んで、おっちゃんにワインの試飲のこと聞いたら5種で値段はいくらでって教えてくれたけど
8種があるんじゃないの?ってすかさずつっこみ!
もちろん8種類にしてもらいました~( ̄ー ̄)ニヤリ

おっちゃん「後で自分も降りていくから、先に見て回って階段の下で待ち合わせ」

ってわけで、レストラン入り口すぐの階段降りて、こんなとこ通って~


こんな階段降りて~(○´ェ`○)


洞窟っぽい地下室(地下道?)に(○´ェ`○)


まず並んでるのは「ワイン飲む人の十戒」


いろんな言語で書かれてました。もちろん日本語もばっちり(ノω`*)


1人でまわってていいというので、ぐるりとしてきますか~(○´ェ`○)

いい感じだ~(○´ェ`○)


古い道具とか(○´ェ`○)


こういう置いてあるだけ的なのが、雰囲気があって


1人でちょろっと見物しててもなんとなく楽しいです(○´ェ`○)


ついでにこのずら~っと並んだワイン(´∀`)


はい、こちらのレジでお支払いってわけで、売ってるのですね( ̄ー ̄)


そして、階段のところでおっちゃんと合流しまして(○´ェ`○)

有料試飲の開始です~(´∀`)


まずは、ハンガリーの土地柄とかワインの分布みたいなお話をちらっと説明してもらって


グラス登場( ̄ー ̄)ニヤリ


まずは白~(○´ェ`○)説明いっぱい聞いたけどほぼ忘れましたw


試飲だからちょびっとずつ(○´ェ`○)


おつまみもついてきます(´∀`)


次も白~(○´ェ`○)


またちょびっと(ノω`*)


ちょびっとずつでも、お水もちゃんと飲んでおかないとね(○´ェ`○)


3番目は赤(○´ェ`○)


全部飲まないでもいいんだよって言われたんだけど、これぐらい全部飲むよね~(´∀`)


4番目も赤。「雄牛の血」とかって名前というかその地域ブランド


これがとってもおいしかったんで、お土産のワインは雄牛の血をめざしたのでした。


5番目はロゼ(○´ェ`○)


6番目はトカイの貴腐ワイン。甘~い(○´ェ`○)


7番目は同じくトカイだけど、ロゼなのです。これももちろん甘~い(○´ェ`○)


8番目。最後はこれ!・・・って


ハチミツ入りのパーリンカ。ってワインじゃなくて蒸留酒ですけどね~(ノ∀`)


これで2400F。日本円で1000円くらい。とってもお得だと思いますね~(○´ェ`○)
おっちゃんの話も楽しかったし!
お互い日本語とハンガリー語で挨拶教えあったりしましたが・・・
ハンガリー語むずかしすぎて、長すぎてまったく覚えられませんでした(ノ∀`)

ちなみに、おっちゃんの日本人のイメージは
2人以上のグループで、ツアーで、あっちこっち行って、
せわしなくて、何カ国もまわって、旅が短いだそうです(ノ∀`)

独りで、個人旅行で、ブダペストに5連泊して、温泉三昧な私は
いちいちおっちゃんの質問に違うよ~と答えてたので
おっちゃんもなんかおもしろがってくれたみたいで、話がはずんで楽しかったです~
これもちょびっとずつとはいえ、お酒の効果でもあったのかしらん?(ノω`*)

おっちゃんとしゃべりながらちびちび飲むワインは、どれもおいしかったので
センテンドレに行ったらめっさオススメなワイン博物館なのでした~(○´ェ`○)
Text & Photo by 
猪突猛進日記

これはとても楽しそうな博物館ですね!つい沢山試飲してしまいそうです^^;

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
草木ダムはソメイヨシノから山桜へ~わたらせ渓谷鐵道の春>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.