アンティーク好きにはたまらないパリの「パッサージュ」

2011年5月5日

パッサージュ・ジョフロワからモンマルトル大通りを挟んで向かい側にある
1800年に建てられたPassage des Panoramas パッサージュ・デ・パノラマ


建てられた当時、パノラマのように広がる絵画を見せる小屋があったので
それが名前の由来となったそうですが、今は残念ながら取り壊されてありません。


ここはジョフロワと比べて通路がぐっと狭いです。
その狭い通路に沢山のお店がテラス席を設けているので、余計狭く感じてしまいます。
でもかなり活気があるパッサージュですね~~♪?



アンティーク絵葉書や収集家向けの古切手、古いコインを扱うお店が多くありました。








本当はこの先に続くギャルリー・デ・ヴァリエテ、ギャルリー・フェイドゥ、
ギャルリー・サンマルク、ギャルリー・モンマルトルまで行きたかったのですが・・・
あと前回行ったギャルリー・ヴィヴィエンヌやその横のギャルリー・コルベール、
そしてギャルリー・ヴェロ・ドダにも~~~

でも残念ながらもう時間が無いのでこれで終わりです><

建てられた当時のままの優雅な姿を残すパッサージュ*(*´∀`).。.:*.゜†
ただ歩いているだけで素敵☆素敵☆素敵。.:*.゜☆
行けなかった所はまた次回のお楽しみと致しましょう。。。

とてもとても名残り惜しいのですが、これで私のパリの休日は終わりとなります。
この後は歩いて(しつこくあちこちキョロキョロしながら)ホテルに戻り、そして空港へ~~
今回のパリ日記、最後(;_;) となる次回は空港でのことを載せますね(^_=)-♪
Text & Photo by 
Sumomo memorandum

ぶらぶら歩くだけでも楽しそうな場所ですね!見ているだけで切手を集めたくなってきました。。。w

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
銭湯だったカフェ☆>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.