宝泉院。。。。

2011年5月6日
宝泉院は古来より勝林院の住職の坊としての建物であったので
華美な雰囲気とはかけ離れしみじみとした侘び寂びの世界を
味わうことが出来ます。。


椿が添えられた手水鉢の水が弧を描くさまにはとても癒されます。。


柱と柱の空間を額縁に見立てて鑑賞する額縁庭園には
樹齢700年の五葉の松が。。。

本当はもっと部屋の後部から撮影すると美しいのですが
とても混雑していたので撮影出来ませんでした。。
紅葉の時季の早朝に是非リベンジしたいです。。

五葉の松は近江富士を模して仕立てられているそうです。。


お庭を眺めながらお抹茶も頂けます。。


宿坊の横に作られた宝楽園。

地球太古の創世に遡り その原初の海を創造した庭園だそうです。。


苔むしたししおどしにまた一輪の椿。。。
こういう絵にとても魅かれます。。

私は手水鉢やししおどしフリークなのかも。。。


初夏の時季はいろいろな花を楽しめます。。

葉桜になった枝垂桜も風情があります。。。


華やかなシャクナゲ。。。。


薔薇のように優美な椿。。。。


アヤメ科のシャガ。。。


大原の里は古き良き日本の原景がそのまま残されているようで
京都市街と違ってとてものんびり寛ぐことが出来るような気がします。。
ベネシアさんにもいつかお会いしたいです。。

里の駅で買った小さな可愛い二十日大根。

早速甘酢に漬けて頂きました。。。
Text & Photo by 
petit-macarons diary

落ち着いた雰囲気が素敵ですね。紅葉の季節もいいですが、新緑の今も美しいです^^

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
大阪駅のリニューアル>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.