平素より「みんなの投稿ブログ」をご覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、「みんなの投稿ブログ」は2020年2月6日を持ちまして終了とさせていただくこととなりました。
いつも素敵な投稿をしてくださいました方々、楽しみにしていただいていたみなさまには本当に感謝を申し上げます。何卒よろしくお願い申し上げます。

春の花咲く城南宮@京都

2011年6月3日

つつじ



GW中、京都・洛南の城南宮を初めて訪れた。



城南宮は春の庭・平安の庭・室町の庭・桃山の庭・離宮の庭と
各々コンセプトの違う庭園があり、訪れる人を飽きさせない。



春の山

3月には梅の花が咲き誇る。



平安の庭

水光る庭。すがすがしい。



室町の庭

歩いていくと、どんどん景色が変わっていく庭。
当時の日本人の作庭技術・美意識に感心。



室町の庭



桃山の庭

見晴らしがよい庭。気持ちがいい。



離宮の庭

平安時代末に白河上皇が離宮を造営して院政を行ったのが城南宮付近だそうだ。
その華やかな離宮時代を表した庭だそうだが、春の花咲く庭を見た後だと
さみしげに見える。



城南宮には源氏物語に出てくる約100種類の草花が
植えられている。
そのせいか、庭園には様々な春の花が咲いており、
あでやかにそれぞれの庭を彩っていた。



一初



一初



散った椿の花



山吹



つつじ



つつじ






GWは春の花が一斉に咲き誇り、一年で一番、
景色が華やぐ時期だと思う。


-2011/5/5撮影-
Text & Photo by 
ひまひまんブログ

こんなに様々な庭園様式が見られるなんてとても贅沢な場所ですね。 どの時代のお庭も個性的で見飽きなさそうです^^

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
湘南物語  ~竹の寺~>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.