北アルプス ~上高地で一番のお気に入り~

2011年7月11日
上高地のトレッキングコースはまだまだ続きますが
どんどん登山らしい場所へと繋がっていくので、私たちは明神地区で折り返し河童橋へ戻ります。

行きとは川を挟んだ反対側を通りましたが、それぞれ全然雰囲気が違うんです。
河童橋に向かって梓川の右側、ここが上高地の中で一番好きな場所の一つで、
森に同化出来るというか、溶け込めるというか、とても気持ちの良いコース。

その中でも特に気に入っているのがここ。
大正池ではすっかり減ってしまった「立ち枯れの木」が残っています。

この場所にいた時が最も晴れた時で、青い空が広がり、一層、良い雰囲気に♪
このあたりでお弁当を広げている方もおられて、とても美味しそうでした~
森の中には、こんな大きく枝を広げた木もあって
景色だけではなくて、見どころいっぱい。
1時間ちょっと歩いて、再び河童橋まで戻って来ると
さっきは雲が覆っていた穂高の山々がすっきりと見えていました。
雪が残っている山が連なっているちょうど真ん中辺り、山頂にちょっぴり残念な雲をかぶせているのが
標高3190メートル、富士山・北岳に続く日本で三番目に高い「奥穂高」です!

もう少し待てば晴れるかなぁ~と思っていたら、逆に雲が降りて来てしまいました。
ここで上高地の旅は終了。早朝河童橋からスタートして7時間半でした。


なんだか同じような写真ばかり(いつもだけどね・・・)でしたが
大好きな上高地なので、色々紹介したくて・・・

訪れた事の無い方に少しでも上高地の魅力が伝わればいいなぁ。
そして行ってみたい!と思って下さる方がおられたら嬉しいです。

帰りは高山を通ったので、車を預けて、少しぶらっと立ち寄ってから帰宅しました。


上高地へ行く時は、沢渡パーキングからバスに乗るので中央道回りで松本インターから行っていました。
今回、東海北陸道経由で、平湯から安坊トンネルを抜ければ松本経由で行くよりもずっと早い事が判明。
早朝のバスに拘らなければ、平湯からバスに乗れるので滋賀から3時間半位。
日帰りでも行けるかなぁ~。また行きたいです!


おわり。
Text & Photo by 
ゆらりと暮らす日々**

見渡す限りの大自然が素晴らしいですね! 暑い夏でもどこか涼を感じながらハイキングができそうです。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
竹富島の素敵なビーチと夕日☆>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.