世界一長い本の青空市「V?rldens」@スウェーデン

2011年8月24日

カルチャーフェスティバルの最後の日は, 世界一長いと呼ばれてる本の青空市 V?rldens l?ngsta bord。今年で21年目で、500件相当の店にありとあらゆる種類の書籍が並んでる。
売られているのは書籍だけではない。古いLPレコードなどもある。私は古い雑誌に興味があるので気に入る雑誌が見付かるとうれしい。

すべてアガサ クリスティーの古い年代出版もの。
持ち主のいない写真
この人達の家族はどうして写真を手放したんでしょう。

紙が黄色くなってる楽譜
誰が使ったんだろう.........

美しいイラストが表紙になってる楽譜。
古いスエーデンの雑誌もある。
突然私は一冊の開いてある雑誌に釘付けになった。


何故かというとその写真はぼかしで、いまにも写真の女性達が雑誌からでできそうだったからである。


シフォンのドレスをきた女性達、

古い紙の日向くさい匂いの雑誌”LIFE”は今、
わたしの居間のテーブルの上に置かれてる。
Text & Photo by 
ストックホルムの街角

古い本って装丁や写真が素敵でつい欲しくなっちゃいますよね。 これだけ沢山あったら長時間いても見飽きなさそう〜☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
海の見える無人駅「下灘駅」@愛媛県>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.