プラネタリウム

2012年5月14日
じょりーが “プラネタリウムを観てみたい” と言うので
大阪市立科学館へ行ってきました。



『 神秘の太陽 金環日食 』 というプログラムを観ることに。
直径26.5メートルの大迫力のドーム型スクリーンには
出来る限り本物のように再現されている無数の星がまたたき、
フランス製のシートは眠ってしまいそうになるほど居心地がよかったです。(笑)
(下の写真は科学館の中。この建物の地下にプラネタリウムがあります。)



今夜、見えるはずの天体図の説明があった後、
金環食はどうしてできるのか、どこでどうやって見ることができるのか、
解説とシュミレーションがありました。

2012年5月21日、
なんと282年ぶりに日本で金環日食を見ることができるということで
(前回は江戸時代。近畿地方を北から南へ抜けたので東京などでは見られなかったそう。)
だんだんと盛り上がってきているようですね☆
これを見逃してしまうと次は300年後。 
もしお天気がよかったら見ておこう、と思い、観察用のグラスを購入したのでした。
大阪市立科学館
Text & Photo by 
tony☆

プラネタリウムいいですね!金環日食ももうすぐ!楽しみ☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
風車とチューリップの風景を探して>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.