ロマンチックなお城☆

2013年1月11日
一番のお目当てだったシュヴェリーン城、とっても素敵でした☆



こちらは夜景で正面からのアングル。綺麗ですよね。



こちらは観光バスで、大きな庭の後ろからのアングル。



こちらはお庭の中からのアングル。

とっても趣のあるお城でした。お城は州議会としても使われているようですが、博物館としても開放されていて、歴代のメクレンブルク=シュヴェリーン大公家の陶器のコレクションや猟銃、絵画のコレクションが見学できます。特に18世紀のマイセンのコレクションが見ものでした。また、猟銃の装飾も優雅で、さすが王侯貴族のもの!という感じでした。

シュヴェリーン城は、1018年頃にはスラヴ人の城として記録が残っており、その後にメクレンブルク公国のお城として改築が繰り返され、現在の姿になったのは19世紀のこと。建築家のGeorg Adolf Demmlerによってフランス・ロワール地方のシャンボール城をモデルに設計されたそう。バスガイドさんによると、近年世界遺産への登録を目指していたそうですが、シャンボール城と8割方酷似しているために拒否されてがっかりだそうです。

ちなみに、このお城にはPeterm?nnchen(ペーターメンヒェン)という幽霊がでるという言い伝えがあるそう。博物館部分の回廊の重い扉などは音も怖くひびいて、夜に一人でいたら幽霊も出そうかなという感じの雰囲気でした。

今度はぜひとも夏の晴れた空の中見てみたいお城です。
Text & Photo by 
ドイツより、素敵なものに囲まれて

なんて素敵なお城!映画の世界みたいで憧れちゃいますね☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
13.01.08 連日の江戸川散歩~LIVE~♪♪>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.