吉野梅郷の春

2013年3月27日


東京の奥座敷に春が来ていた。





東京は多摩川の上流に



関東一の梅の里「吉野梅郷」(よしのばいごう)がある。



毎年、2月から3月にかけて、「梅まつり」を開催している。



この地を訪れた人が必ず立ち寄る吉野梅郷のシンボル「青梅市梅の公園」に行ってみた。



山の斜面に抱かれて、一人で梅を見てもよし、



恋人同士で眺めるもよし。



梅の香りに包まれて、仲良しの友とも話が弾む。



春の国の橋を渡れば、



そこには何の憂いもない、夢のような景色が、ただ広がっているばかりだった。

(撮影3月17日)

吉野梅郷梅まつり
期間:平成25年2月23日(土)~3月31日(日)まで(見頃は、例年3月上旬から中旬)
場所:青梅市 吉野梅郷一帯、青梅市梅の公園
交通:JR青梅線日向和田(ひなたわだ)駅で下車徒歩10分

青梅市梅の公園
有料開園期間:2月下旬~3月下旬
東京都青梅市梅郷4-527
電話:0428-20-0011(青梅観光案内所 9:30~17:30)
営業:午前9時~午後5時
料金:200円
Text & Photo by 
雲母(KIRA)の舟に乗って

梅郷、色とりどりでキレイですね☆ 大切な人と出かけたいですね♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
マンチェスターのMOSIは面白いッ!>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.