マンチェスターのMOSIは面白いッ!

2013年3月27日
サッカーファンであればマンチェスターユナイテッドのホームグランド見学ってところか。
しかしイ課長もそこまで熱心なサッカーファンってわけでもないしねぇ。さてどうしたものか・・・

ホテルの部屋でパソコンを開いて、マンチェスターの観光物件検索を始めた(笑)。
正直言って「あまり大したものはない」と思ったんだけど、その中でイ課長の興味をひいた博物館があった。
その名も科学・産業博物館(Museum Of Science and Industry)で、頭文字を並べると MOSI 。
ふーむ、まぁここにでも行ってみっか。



場所を確認し、トラムに乗って最寄り駅と思われるところまで行った。
着いたのはレンガ造りのくすんだ建物が多い一帯で、市街地っていうより完全な工場地帯。
それもそのはず、このMOSIって、実は産業革命当時、紡績工場か何かだったところを改造した博物館で
ミュージアムそれ自体がちょっとした近代化遺産らしいのだ。

着いた着いた。MOSIって看板もある。確かに外見は古そうな建物だ。



しかし切符売り場がどこなのかよくわからない。
そこで、入口の係員に聞いた。

イ「あー、私はどこでチケットを購入できますか?」
係「入場料は無料です。ただし入場者による寄付は受け付けてますよ?(ニッコリ)」
イ「(こちらもニッコリ)おお、それはサンキュウベリマッチ」
結局、寄付はしなかったが・・・(笑)。

しかしイ課長はズバリ言う。MOSIはすごく面白い。
名称は科学・産業博物館だけど、「産業革命歴史館」的な側面も強く打ち出されてて、
英国の産業近代化をまさに体感できる、というわけだ。



たとえば産業機械コーナー。
巨大発電機だの、巨大ポンプだの、巨大タービンだのが目白押しで展示されてる。
たぶん展示物のほとんどはレプリカじゃなく、オリジナルの実機のはずなんだよ。存在感が違う。
そこに「ある」ってだけで迫力が感じられる。メカマニアじゃないイ課長もその迫力には打たれる。
見てよこの古めかしい装置。クラシカルなメカならではの造形美があるよねぇ。素晴らしい。



マンチェスターといえば、リバプールとの間で世界初の実用蒸気機関車が走ったことでも知られてる。
鉄道コーナーにはその歴史的機関車「プラネット号」も展示されてるんだから、鉄道ヲタクも泣いて喜ぶ。
(ただし、これはさすがにレプリカだと思うが)



航空機コーナーの展示がまた素晴らしいんだワ。
ここもすべて実機が所狭しとばかりにギッシリと置かれている。
すっげぇーーー。いやホントに、びっくりしちまったよイ課長は。



こんな風に飛行機の中に入ってコックピットも見られる。うおお、コーフンしちゃうぜ。



携帯で撮った写真ばっかで、枚数も多くないけど、けっこうスゴいでしょ?
入場料タダ。それでいて、産業機械、鉄道、航空機etc・・・展示内容の充実ぶりは大したもんだよ。
航空機コーナーに限ったって、(空港近くとかじゃなく)街中にある博物館で、こんなに実機を揃えてるのは
他にはワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館くらいじゃないの?
これだけ充実した博物館なのに、知名度が低くて入場者もあまり多くないのがちょっと気の毒なくらい。
(ま、その分こちらはゆっくり見学できて嬉しいわけだが)

ちなみに、MOSIにはかつて使われてた線路もそのまま残っている。
その線路に、昔の蒸気機関車を実際に走らせて“走行展示”してるわけだ。うおお、すごいぞMOSI!
当時の線路を、蒸気機関車が通る。ううむ、絵になる・・。



さしたる目的もなく、フラリと行ってみたMOSI。だがイ課長はすっかり感心しちまった。
もっと有名になって、見学者でワンワン混みあう価値が十分にあるミュージアムだと思うよ。
イ課長としてもこのブログを通して、MOSIの知名度アップに微力ながら貢献しようではないか。
寄付してこなかった引け目もあるし・・・(笑)。

他にどんな観光物件があるのか、イ課長もよく知らない街・マンチェスター。
でもMOSIはお勧めできる。特に「近代化遺産萌え」の人には、たまらないだろうなぁ。
イ課長もそういうのキライじゃないから、あちこち見て回るのが楽しかった。

産業革命を牽引した大工業都市・マンチェスターならではの、素晴らしい博物館だと思うよ。
マンチェスターに行かれる方、時間があったらぜひMOSIにお立ち寄りあれ。
Text & Photo by 
イ課長ブログ

マンチェスターはサッカーで有名ですが、色々な楽しみ方があるんですね★博物館も行ってみたくなりました♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
3月21日(木)の渋谷109前交差点>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.