美術館めぐりと、美味しいお肉

2013年7月12日
今日もすっきりいいお天気!!
こないだまでの、天候のぐずつきが嘘のように、「初夏が来た!!」っていう感じです。
最寄りのメトロの駅には教会が。
青空に良く映える!



第一日曜日の今日、パリ市内の多くの美術館がフリーで入場できるので、いつものように美術館巡りをするぞー!と、毎回恒例のロダン美術館にまず行ってきました。
企画展の方に、ロダンの大理石での作品が集められていて、こちらも今日は無料で見ることができた。
この美術館、毎年訪れてるけど、そのたびに常設展の展示作品&展示場所も少し変わっていて、何度来ても新たな発見があるというか、何度でも来たい場所。
彫刻作品、置かれる場所が変わると、光の当たり具合もまた変わって、ああ、こんな感じでも見られるのかって思うから。



前庭にはバラが咲き乱れ、美術館の後ろの庭もちょっとお散歩。



直射日光は、肌が痛いくらいなので、極力日陰を歩きつつ…。
日陰は本当に心地いい!!
のんびりお昼寝したら、気持ちいだろうな…。

かなりお腹が空いて、「肉!!!肉が食べたい!!!絶対に、今は肉!!!」という気分だったので、美味しいと聞いたり、ネットでも見たりしていたレストランに行くことに。
「Le Relais de l’Entrec?te」というところで、モンパルナスのお店に行ってみました。
13:45ごろだったので、さほど混んでもなく、黒い制服に白いエプロンをつけたお店の人が、にっこり席に案内してくれました。
このお店、オーダーはステックフリットのみ。
別のマダムが焼き加減を聞いてきて、レアにしました。



テーブルの上に、レアのフランス語「サニャン(saignant)」の「S」をさっと書いて、奥へ引っ込んだマダム。
パンとサラダを持ってきてくれたので、それを食べつつ、お肉がやってくるのを待ってました。



サラダにはクルミが散らされてて、これがいいアクセントになってる!

そして…きたーーー、肉!!!



実はこれ、1人前じゃないのです。
1人前の半分なのですーー!

温かいものを食べてほしい…ということで、まずは半分が運ばれて、食べ終わるとすぐに残りの半分のお肉&フリットを盛りつけてくれる。
焼き加減もちょうどいいレアで、このソースがまたたまらなく美味しい!!!
ちょっと酸味のある感じでさっぱりしていて、何のソースだろ。病み付きになる!!

お肉も美味しいことながら、付け合せのフリットが、もうたまらなく…。
カリッと揚がっていて、もっと、もっと…と食べたくなる。
フランスのジャガイモって、味が濃くてほんとに美味しい。
日本のが水っぽく感じるほど、味がしっかりしていて、どんどん食べてしまう!!

お店の真ん中に、こんな保温しておく場所が。



食べ終わってちょっとすると、さっきのマダムが残りのお肉&フリットを持ってきてくれて、「C’est bon?」と。
もちろん、笑顔で「Oui, c’est tres bon!!」ですよ!!
Text & Photo by 
わたしの足跡

パリはオシャレな街並み、美術館もあり、グルメスポットでもあり、本当に素敵な観光地ですね♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ピレネーへの小旅行>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.