南の島へ~竹富島~

2013年8月5日
今回の旅の主目的はこの「竹富島」であった。

島の周囲 約9kmというほんとうに小さな島であるが、島民の総意で「売らない」「汚さない」「乱さない」「壊さない」を4原則とした「竹富島憲章」(1986年)が制定されており、有名な「安里屋ユンタ」の民謡のモデルである安里屋クマヤ生誕の地というこの由緒ある町並みを保存してきたことは素晴らしいと思う。

だが、最近になって、星のリゾートによる「星のや竹富島」を皮切りに2件ほど大手資本による宿泊施設がオープンされており、「すべてが金」の現代に呑み込まれてゆきそうな気配があることは甚だ残念なことだ。

ともあれ、島は日本最大のサンゴ礁「石西礁湖」に囲まれており、ほんのわずかな面積を占める集落も昔の様式を保つ自然環境の豊かな島である。
島内の交通はマイクロバスと自転車と水牛車(観光)に限られる。

朝一番で訪れた「コンドイ浜」からマイクロバスを電話で予約。ここで待つ。



5分ほどで集落へ。







集落を一望できる、島内で一番高い「なごみの塔」へ上ることとした。
ただし、この塔は「なごみ」ながら上ることは難しい。かなり急階段である。(笑)





道は島民の手により浜砂が散布されているため白い。



水牛車は人気の的である。私はここでは乗らなかったが・・・。





島内には「御嶽」とよばれるいわゆる神社が多数あるが、観光客は立ち入り禁止。

Text & Photo by 
PHOTO DIARY

素敵な町並みですね☆お家の造りも新鮮だし、水牛車は気になりますね♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
君の>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.