2013年英国庭園巡りのご報告.「コートン・コート」へ

2013年8月24日
コッツウォルズ北Warwickshireにある「コートン・コート」へ
行ってきました。



こちらのウォールド・ガーデンは、2006年に、世界バラ会から
優れたガーデンに 与えられるGarden Excellence賞を
イギリスで初めて受賞したお庭です。





バラの迷宮(ローズラビリンス)と言われる「コートン・コート」の
ウォールド・ガーデンは、小道に添って進んで行くと、
両側にぎっしりと植栽されたバラや宿根草を楽しむことが出来る
回遊式のイングリッシュガーデンです。
ガーデンに一歩、足を踏み入れれば、そこは別世界・・



バラ「パール・ドリフト」(S)が出迎えてくれました。



イングリッシュローズ「ア・シュロプシャー・ ラッド」(S) 。
個人的には、こちらのガーデンにピッタリな色のバラだと思います。



今回、様々な場所で出会うことが出来た「ネバダ」(S)。



バラの周囲には様々なプランツが植栽され、どれも目を惹きます。



爽やかな色合いのアストランティア



フウロソウ



フォーカルポイントや咲く時期、色、背の高さ等、
よく考え抜かれた、カラースキームが本当に
素晴らしいガーデンです。



奥の藤のスタンダード仕立てのコーナーでは、足元にピオニーが
植栽されています。



こちらも藤を効果的に使用した一画。
手前にラヴェンダーを植え、視覚的にも爽やかな
ハーバルコーナーを演出しています。



こちらの「コートン・コート」は、ナショナル・トラストの管理下と
なっていますが、600年の歴史を誇る貴族、スロックモートン家が
現在でも居城を構え住み続けています。
Text & Photo by 
バラとハーブのある暮らし・Salon de Roses

イギリスのオシャレな庭園、絵本の童話の中の世界のようで、素敵です☆★

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
Paris*2013 >>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.