クロアチアの旅 ♪ ♪ ドブロブニクの旧市街

2013年9月16日
2年前の今頃 モスクワからクロアチアへ出かけました。

クロアチアは 美しいアドリア海と沿岸の古い街並みが魅力の今人気のリゾート地です。

ドイツにいる頃から憧れていたドブロブニクですが チトー大統領が亡くなった後 
ユーゴスラビアの内戦が始まり 訪れることは出来ませんでした。
1991年に クロアチアとして独立を果たし 今はバルカン半島屈指の観光国として
活気と平和を取り戻していました。

クロアチアは 今年の7月1日に正式に28番目のEU加盟国となりました。

今回はアドリア海に沿って延びるダルマチア地方の中心地ドブロブニクを中心に、
スプリット、トロギールへ出かけたり お隣のモンテネグロのコトルを訪ねたりと 
忙しく過ごしてしまたので もっとのんびりしたら良かったなとちょっと後悔しています。

このダルマチア地方というのは あの 『101匹ワンチャン大行進』 の
ダルメシアンの名前の由来になっているそうですよ。

ドブロブニクはアドリア海に突き出した城塞都市で『アドリア海の真珠』 と称えられ 
クロアチア観光のハイライトとなる都市です。

オレンジ色で統一された屋根が並ぶ旧市街は高く重厚な城壁に囲まれていて
古い石畳を踏みしめて中に一歩入ると まるで中世に迷いこんでしまったようです。



世界遺産になっている旧市街に入るには三つの入口がありますが
その一つ このピレ門 をくぐると旧市街に入ります。



この上は城壁 城壁の下をくぐって



オノフリオの大噴水のある広場にでます。
ここは城壁に登る為のチケット売り場等があります。



この時は9月も半ば近いのにもう暑くて 連日30度以上でギラギラと焼けるようでした。
観光客も地元の人も ここで水を飲んだり 顔を洗ったり
美味しい天然の湧水を味わう事が出来ます。
ペットボトルを用意して水分補給をする事もできますよ。





ここから 街の中心のルジャ広場まで 目抜き通り『プラッア通り』が20メートル程続きます。



通りの両側には銀行、ショップ、カフェ、レストランが並び
狭い路地が網目のように延びていて迷子になりそうです。




とにかくカフェ レストランが多くて ひと休みするにもどこが良いか??
それぞれが個性的で楽しいお店が多いし 
声かけてくれるお兄さんが 又 皆 格好良くて ☆





ここは アニマル柄で



建物と建物の間の狭い路地も全てレストランやショップが並んでいます。











皆 思い思いにのんびりとお茶を楽しんだり 雑誌を読んだり・・・・



それにしても このカフェの上は個人のお宅なのか??
思い切り お洗濯物がひらひら



そうなのです。観光地ではあるけれど 一歩入った路地は人々の生活の場
洗濯物がはためいて なんだかほっとする風景でした。







さて ドブロブニク最初の食事は

まずこれで一息  憧れのドブロブニクの夜に乾~杯



新鮮なシーフードはイタリアの影響を受けているのか とっても美味しくて
今回の滞在中 殆ど魚貝類だけと言う位・・・・・とても満足 満足でした。





Text & Photo by 
木洩れ日のなかで

街のオシャレな雰囲気、独特な世界観が素敵です♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
*ラッキーピエロ*>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.