2013年英国庭園巡りのご報告「クイーン・メアリー・ローズガーデン」へ

2013年10月3日
コッツウォルズ地方から、ロンドンに到着した私たちは、暗くなる前に
宿泊ホテルの直ぐ近くに位置するクイーン・メアリー・ローズガーデン
へと向かいました。
クイーン・メアリー・ローズガーデンは、ロンドン市内北西、かつて
ヘンリー8世の狩猟の場であったリージェンツパーク内にあります。





リージェンツパーク内は、広いので、直ぐ近くといっても、
20分以上は、歩いたかと思います。皆さん、お元気で本当に良かった・・
やっとクイーン・メアリー・ローズガーデンの門が見えてきました。



190万m2の敷地には、中央に黒鳥のいる池もあり、
約6万本のバラが植栽され、市民の憩いの場と
なっています。
たくさんのハイブリッド・ティー・ローズを囲むように、
ロープ仕立てのハイブリッド・ウィクライアーナや、
ハイブリッド・ムルティフローラ、クライミング・ローズ等が、
奥行き感のある景色を作っています。





一画には、イングリッシュローズのコーナーもあり、
ハイブリッド・ティーローズの花壇とはまた違った、
ナチュラルな雰囲気を醸し出しています。



こちらは、ロンドン市内でも、たくさんのバラが
観られるスポットとして、人気があり、
週末は、多くの市民で賑わっています。



私たちが、今回ここを訪れたのは、20時近くでしたが、
まだこんなに明るく、日没まで、ガーデンの門は、
開かれているとのことです。

Text & Photo by 
バラとハーブのある暮らし・Salon de Roses

綺麗に手入れされた庭園ですね☆★ 英国庭園、オシャレで素敵です♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
よき村哉、川上村 2013年9月28日>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.