瀬戸内国際芸術祭2013@高松

2014年1月13日


これを書かなきゃ次の旅行に行けない!ということで
遅ればせながら昨年秋に行った瀬戸内国際芸術祭2013を書こうと思います。

たくさん写真撮った中で選りすぐりをダイジェストで紹介~☆
行ったことない人もこれを見れば行った気になれる!瀬戸内国際芸術祭2013
(↑セカホンのナレーションをご拝借☆)

出発~!



↑パンダ号 これには乗ってないけど・・・



↑「Liminal Air-core-」高松港にある。

男木島へ



↑「男木港案内所」



↑「オンバファクトリー」
おばあちゃんたちが荷物を運ぶ際に使っているカートをこんな感じでアレンジ。



ほら押してるでしょ?



↑お昼に食べた白みそあん餅雑煮。
この島の郷土料理。



↑「歩く方舟」 足が人と同じくらいの大きさ。



↑「光の家」 海に浮かんでるみたい!

男木中学校のアート作品を紹介~☆







子供たちも作成したとか。



黒板に書いた文字もアートに見える?



↑「肉体塾 「移動」に注意を要する教室」
教室内にロープが張られててその中で卓球ができる。



↑「ミラールーム「鏡の部屋」」
両壁に鏡があって(合わせ鏡)左がうっすらぼけてる(過去)、
右がくっきり(未来)している。



貧乳山?こんな名前の山があるのかな・・・?



あった!校庭から見える。

中学校を後にする。



↑「タイムチューブ-ときまきつつの家-」
古雑誌を丸めて立てたりつるしたりしている。



↑「記憶のボトル」
たくさんの小瓶を上から吊るしている。

↑瓶の中にはこの島の人の大切な小物も入っている。



↑昼下がり。男木島には猫がいっぱい。
おばあに寄り添っている茶系の猫はふじねこという種類で
この島には多いとか。



↑おしゃれなカフェもある。



↑空とのコントラストがキレイな花?



↑「男木島灯台」
日本の灯台50選に選ばれている。

夕方6時手前でフェリーで男木島を後にする。



風が強くてみんな船の室内。だれもいない後方での一枚。

明日は小豆島でアート鑑賞です。
Text & Photo by 
Dar Makroud

瀬戸内国際芸術祭素敵ですね☆★ アート作品も素敵です。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
浅草~スカイツリーへ>>

関連旅とお散歩

人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.